(c)2019 CTMG. (c) & (TM) 2019 MARVEL.

興収2兆円超、拡張し続けるマーベル―ケヴィン・ファイギ社長に聞く成功と未来

7/5(金) 8:00 配信

スーパーヒーローを描くマーベル映画が世界を魅了し続けている。2019年4月下旬に公開された映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の世界興行収入は、既に27億6000万ドルを突破。歴代1位の王座を『アバター』(2009年)から奪うのではないかと、注目が集まっている。マーベル映画の興行収入は、累計215億ドル(約2兆3220億円)を超え、史上最も成功した映画シリーズとされる。全23作品を統括してきたマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ(46)、最新作のプロデューサーを務めるエイミー・パスカル(61)を独占取材し、マーベル映画の成功と未来について聞いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。