宗石佳子

森林とローカルベンチャーで蘇る村──若者の移住にわく西粟倉村の現在

2018/10/2(火) 9:29 配信

鳥取県との県境に位置する岡山県西粟倉村(にしあわくらそん)。村の面積の95%が森林に覆われた、人口1500人足らずの小さな自治体だ。そんな西粟倉村は近年、地域に根ざしたビジネスを展開する「ローカルベンチャー」の集積地として注目を集めている。少子高齢化と過疎に苦しんできた山あいの小さな村に、チャレンジできる環境を求めて若い人々が集まるのはなぜなのか。行政と民間、村民が一体となって歩んできた「自立の道のり」に迫る。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。