Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【映像】“松井5敬遠”28年後の馬淵×林対談 全打席敬遠「タイムスリップしたらまたやる」 響く怒声、飛ぶメガホン(第3回)

配信

センバツLIVE!

製作・著作/毎日新聞社

 1992年夏の甲子園で明徳義塾が星稜の4番・松井秀喜に取った5打席連続敬遠策。高校野球史に刻まれた戦略などについて、明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督(64)と星稜(石川)の当時2年生遊撃手として出場した林和成監督(44)が語る、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」での高校野球監督対談の第3回。同じ敬遠策を再び行えるか、馬淵監督が答えた。【構成/毎日新聞社 安田光高】 【写真特集】「松井5敬遠」明徳vs星稜の打撃記録を振り返る

 九回2死三塁から5度目の敬遠で松井が一塁へと進むと、甲子園はブーイングに包まれ、グラウンドにメガホンなどが投げ込まれた。2人はその光景をベンチから見ていた。  馬淵監督 あんな大騒ぎになるのが分かっていたら、やりませんよ。これは大変なことになったと。全打席敬遠は四国では多く(やっていたし)、どのチームも打順を決める時は神経を使う。あの試合は1点差だから、何とか勝つにはあれしかないと腹を決めてやった。あんな大騒ぎになるとは夢にも思いませんでした。  林監督 私たちもびっくりして、すぐに山下(智茂)監督から「(メガホンを)取りに行け」と言われて拾いに行ったけど、(拾う端から)投げ込まれた。異様な雰囲気でした。  試合は3―2で明徳義塾が逃げ切った。選手として、また指揮官の立場で林監督は敬遠策をどう思うのか。

 林監督 私は(敬遠された)当事者ではないので、敬遠がどうこうというより、ああ負けてしまったんだという気持ちだけでした。監督としては、なかなかできることではない。4打席目は七回2死走者なしでの敬遠。私は、あそこで(明徳義塾が)勝負していたら松井さんはホームランを打っていただろうと思います。それを見抜く目、ここは絶対避けるべきだというのと(作戦を)徹底する技量は私にはないですね。  最後まで一度もバットを振らせない徹底した敬遠策。今後、再び同じ作戦を取ることはあるのだろうか。  馬淵監督 例えば、あそこにタイムスリップしたらやりますね。今の64歳でやれと言われたら、ようやる度胸はありませんね。あの時点にタイムスリップしたら、間違いなくやりますよ。(36歳という)若さもあった。  僕がああいう作戦をとって、互いのチームに、松井君も(先発した)河野(和洋投手)にも嫌な思いをさせた。ただ、相手の強いところは避け、弱点を突くのは(勝利への)常とう手段。ルールで認められているなら、僕はやる。この作戦は好き嫌いはあるが、良い悪いは言えないんじゃないか。

【関連記事】