Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心躍ったプロ野球の開幕。ただ阪神には『?』のマークがつくばかり。重い空気が漂っているわ【岡田彰布のそらそうよ】

配信

週刊ベースボールONLINE

1本、1勝するまで……開幕のあるある話よ

心躍ったプロ野球の開幕。ただ阪神には『?』のマークがつくばかり。重い空気が漂っているわ【岡田彰布のそらそうよ】

6月19日のヤクルト戦[神宮]で開幕19打席目で初ヒットを放ったボーア。でもやっぱり阪神の四番として使い続けるべきや。六番じゃピンとこない/写真=BBM

 打者ならヒット。とにかく「Hランプ」が欲しい。オレも何度となく経験した。シーズンが始まり、まずは最初の1本よ。ところがうまくいかない。「ひょっとして、このままか……」なんてことまで考える。ありえない話よ。でも1本が出ないと、ホンマ、ネガティブになってしまう。これって、バッターのあるある、です。  チームとしてならシーズン初勝利である。いつか勝利は来る。それができるだけ早ければ、チームは落ち着く。ところが連敗スタートとかになれば、全体的に焦りが襲ってくる、必ず勝てる日が来るのに、目先の1勝が欲しい。これはチームのあるある、です。  開幕3連敗のタイガース。6月23日のヤクルト戦(神宮)でようやく今シーズン初勝利。それもチームとして理想的な展開での勝ち。とにかく、どんな形でもいい。勝つことで、チームは普段の姿に戻る。たかが1勝、されど1勝。阪神にとって、かけがえのない勝利になったに違いない。  しかし、ここで振り返りたいのは6月19日からの巨人3連戦(東京ドーム)である。力負けと言ってしまえば簡単だけど、3連敗の原因を追究していくと、オレは「?」マークの個所がいくつかあって、それが気になって仕方ないのである。開幕カードでの巨人戦3連敗は、球団史上初の屈辱だとか……。巨人にいいようにやられた阪神。オレは東京で、ナマで3試合を追った。そこで初戦から「?」の場面が訪れた。 ◇西勇輝降板、不可思議な継投◇  異例のシーズン、独特の空気の中、スタートした開幕戦。阪神のオープニング投手、西は素晴らしい内容やった。適度にリラックスして、自分のペースを保って投げていた。さらにバットでも魅せた。ホームランにタイムリー。巨人のエース・菅野(菅野智之)から放ったのだから、大したもんよ。投げて、打って……やから、気持ちは乗っていた。6回を終わって1失点、1点のリードを守っていた。ところが7回が始まったところで、投手交代よ。球数? 疲労度? 矢野(矢野燿大)監督の中に、いろんな考えはあっただろう。しかし・・・

本文:2,268文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます