Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ野球最高のスーパースター、長嶋さんは太陽のような存在。野球が大好きで純粋な人【張本勲の喝!!】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

すべてを兼ね備えた選手

プロ野球最高のスーパースター、長嶋さんは太陽のような存在。野球が大好きで純粋な人【張本勲の喝!!】

巨人の背番号3。長嶋茂雄ほどファンを惹きつけてやまない選手はいなかった

 85年にも及ぶプロ野球の歴史の中で、本当に多くの選手がプレーしてきた。その中でも活躍した選手というのは通算記録のトップを見れば分かるだろう。868本塁打の王貞治(巨人)、3085安打の私、400勝の金田正一さん(国鉄ほか)、1065盗塁の福本豊(阪急)などが挙げられる。  一方で記録以上に記憶に残る選手も大勢いた。これは数字では表せないから難しいのだが、ひとつだけはっきりしていることがある。ファンの中でもっとも記憶に残る選手と言えば、これはもう長嶋茂雄さん(巨人)で間違いないということだ。人気の面で長嶋さんにかなう人は誰もいなかった。プロ野球界が生んだ最高のスーパースターだと思う。  若いファンの方は長嶋さんの現役時代を知らないと思うが、攻守走三拍子そろったオールラウンドなプレーヤーだった。イチロー(オリックスほか)を一回り大きくし、さらに本塁打も打てる選手をイメージしてもらうといいだろう。  長嶋さんの通算記録をあらためて調べてみると、打率は.305、2471安打、444本塁打、1522打点、190盗塁とある。プロ野球記録は一つもないし、すべて私の数字のほうが上回っている。  しかし、王は本塁打は打てても足が速いとは言えなかった。私も安打を量産したが、右手が不自由で守備に難があった。しかし長嶋さんには穴がなかった。すべてを兼ね備えていた。そして誰よりも勝負強く、ファンが打ってほしいと期待する「ここぞ」の場面で必ず快音を響かせた。大舞台に強く、日本シリーズのMVPを4回(最多記録)も獲得しているのがいい例だ。常にファンを意識してプレーしていた選手だったから、ファンの記憶に残るのも当然だったと言えるだろう。  長嶋さんの場合、それが自然にできるのがまた素晴らしかった。人気を稼ごうとか、マスコミ受けしようとか、小賢しいことを一切考えず、野球を純粋に愛し、ファンにも素のままで接していた。さらに私が長嶋さんをすごいと思っていたのは、・・・

本文:2,391文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール