Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

堂林翔太選手の覚醒【立浪和義の超野球論】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

上体が突っ込む

堂林翔太選手の覚醒【立浪和義の超野球論】

好調が続く堂林

 プロ11年目、広島の堂林翔太選手が好調を維持しています。チームが23試合、今年で言えば6分の1強を過ぎた時点で、2位の村上宗隆選手(ヤクルト)に5分差の.443ですから素晴らしいですね。一時、左の松山竜平と併用でスタメンから外れるケースもありましたが、今は鈴木誠也選手の前の三番に定着しつつあります。実際、対右投手が.464、左が.391と、むしろ対右のほうが打っていますしね(データはすべて7月18日現在)。  堂林選手はプロ3年目の2012年に、一度サードのスタメンに抜てきされています。当時から非常に強くスイングする力がありましたが、バットが外回りするタイプで、成績に波がありました。結局、14本塁打を放ちながらも、その後、レギュラーからも外れてしまいました。  体の動きで言えば、スイングの際、下半身がある程度、投手側に向かっていくのは当たり前ですが、堂林選手は、その際に上体も一緒に突っ込んでいく傾向がありました。そうなると、どうしてもインサイドに詰まり、外側の逃げるような変化球には届かないか、体で追いかけて、当てるだけのバッティングになってしまいます。  今年に関しては、構えから・・・

本文:1,069文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール