Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初回、2死満塁で一本が出ていれば… 白樺学園・業天主将 交流試合

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 2020年甲子園高校野球交流試合は最終日の17日、第3試合で白樺学園(北海道)が3―8で山梨学院(山梨)に敗れた。白樺学園の業天汰成主将は「一回裏2死満塁で一本が出なかったことが大きい」と話した。業天主将の談話は次の通り。 【交流試合最後の熱闘】山梨学院VS白樺学園  ◇2年生は悔しさを引き継いで  観客がいないなど普段とは異なることもあったが、甲子園という大舞台の土を踏むことができて周囲への感謝の気持ちでいっぱいだ。  自分たちがやってきたことを少しでも出すことができたのかなと思ったが、主将として試合の出来は60点。山梨学院は事前に研究したが、動画よりも一球への気持ちの張り詰め方が強かった。捕手としても片山楽生投手の良さを前面に引き出せなかった責任も感じている。  試合が動いた前半。一回裏2死満塁で一本が出なかったことが大きい。あの場面で点をもぎ取ることができたら、守備にもう少しゆとりが出たのではないかと思う。これからは2年生が主役。この悔しさを引き継いでまた甲子園に行ってほしい。

【関連記事】