Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本塁打は岡本が楽しみ。首位打者争いは混戦。盗塁は近本が本命【大島康徳の負くっか魂!!】

配信

週刊ベースボールONLINE

ソトが本塁打王候補の一番手

本塁打は岡本が楽しみ。首位打者争いは混戦。盗塁は近本が本命【大島康徳の負くっか魂!!】

盗塁王争いの本命である近本には勢いがある。打撃を磨けば首位打者と盗塁王の2冠も!?

 今週は、セ・リーグの打撃タイトル争いを予想していきたいと思います。交流戦の中止が発表されましたが、先週のパ・リーグ同様、一応、143試合あるもの、という前提の数字でお話ししていきますね。  まずホームラン王ですが、DeNAのソトがやっぱり本命でしょう。それを追っていくのは、今年は巨人の岡本(岡本和真)になると思います。そしてダークホースで、ヤクルトの村上(村上宗隆)あたりが絡んでくると面白い争いになるでしょう。  ソトはもう3年目ですから、崩れる要素はない。今までと同じぐらい、40本ぐらいは打つでしょう。そうなると、それを追い掛けられるのは過去にシーズン30本以上打ったことのある選手にだいたい絞られてくると思いますが、私はその中でグッと伸びてくる可能性があるのが、岡本だと思います。今年でレギュラー3年目ですが、何でもかんでも、いろんなボールを追い掛けることがなくなって、自分の待ち球をしっかり待てるようになってきた。打てない球を捨てられるようになったというか。そういう進歩が目につきます。  昨年40本打った坂本勇人(巨人)は、今年はそこまではいかないでしょう。ヤクルトの山田哲人も、チャンスはないわけじゃないですが、タイトルまではどうでしょうね。広島の鈴木誠也も面白い存在ではありますが、彼も何でもかんでもホームランを狙っていくというバッターではないので。今年のセ・リーグは混戦が予想されますから、チームのためにヒット優先、という打席が多くなるかもしれません。  むしろ、ひょっとしたら、と考えられるのは・・・

本文:2,268文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます