Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

対応力ある打撃が魅力の栗原陵矢【伊原春樹の「野球の真髄」】

配信

週刊ベースボールONLINE
対応力ある打撃が魅力の栗原陵矢【伊原春樹の「野球の真髄」】

力強さと柔らかさを兼ね備えたスイングが魅力の栗原/写真=高塩隆

 新型コロナウイルス感染拡大のために延期となっていたプロ野球の2020年シーズンが6月19日、ようやく開幕した。例年より23試合少ない120試合制で、一軍の登録人数が従来の29人から31人へ変更となり、試合に出場できるベンチ入り人数も25人から26人へ拡大され、外国人の一軍に登録可能な人数を4人から5人にするなど、イレギュラーなシーズンとなるが、しっかりと試合を見て、選手たちのプレーを解説していきたいと思う。  まず今季は新戦力に注目していきたいと考えている。やはり、チームを勢いづかせ、上位に押し上げるのは昨季までいなかった新しい選手の力になるのは確かだ。さらに、そういった新顔はプロ野球を盛り上げる起爆剤になる。すでに今季も新人を中心に各チーム、新戦力が台頭してきているが、際立っているのはソフトバンクの栗原陵矢だろう。  15年、福井・春江工高からドラフト2位で入団。今季で6年目を迎えた23歳の若鷹だ。3年目に3試合、4年目に11試合、昨季は32試合に出場して39打数9安打、1本塁打、7打点、打率.231と徐々に経験を積んできた背番号31。そして今季・・・

本文:1,326文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます