Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

牧原巧汰(日大藤沢高・捕手) NPBスカウトが殺到した強肩強打キャッチャー【ドラフト逸材】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

右投左打の強肩強打。攻撃型捕手は西武・森友哉を、あこがれの存在と語る。3年間で甲子園の土を踏むことはできなかったが、全国屈指の激戦区・神奈川でもまれた実力は超高校級のレベルにある。 写真=大賀章好 ドラフト候補がひしめいた今夏の神奈川。牧原巧汰は強肩強打の捕手として「高校No.1」の呼び声が高い。  神奈川県高野連主催の独自大会は、新型コロナ禍によりスカウトらも球場への入場が禁止された。このため、開幕前のオープン戦ではNPB12球団のスカウトが大挙して視察に訪れた。  二塁送球は安定して1秒8台をたたき出す。左打ちの打撃も、高校通算27本塁打を誇る。1年夏からベンチ入りを果たし、同年秋から正捕手としてマスクをかぶった、豊富な経験値も魅力の一つだ。  昨夏の神奈川準決勝では桐光学園高の好左腕・安達壮汰(3年)から逆方向へ、横浜スタジアムの左中間席に2ランを放った。左投手も苦にせず、広角に打てる。西武・森友哉のような「打てるキャッチャー」として、評価されている。 「相模、横浜を倒して甲子園に行きたい」  捕手育成に定評のある日大藤沢高に進学した。元中日・山本昌氏の実弟で、自身も捕手として社会人野球・三菱自動車川崎までプレーした山本秀明監督の下・・・

本文:2,158文字

写真:1
  • 1年秋から強豪校の本塁を死守。激戦区・神奈川で切磋琢磨した経験値は今後も、大きな武器となるだろう

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊ベースボール