Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セ新人王は戸郷やや有利。パはこのままいくと該当者なしかも【大島康徳の負くっか魂!!】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

戸郷の投球回もカギに

セ新人王は戸郷やや有利。パはこのままいくと該当者なしかも【大島康徳の負くっか魂!!】

セ・リーグの新人王はいい争いになっていますが、チームが優勝しそうな分、戸郷[巨人]が少し有利な気がします

 今週号は、特集のテーマに合わせて、両リーグで新人王争いをしている選手について、書いていきたいと思います。  まずセ・リーグのほうは戸郷(戸郷翔征、巨人)と森下(森下暢仁、広島)の両投手の、いい争いになっていますよね。新人王を獲(と)るためには、2ケタ勝利が必要になってくるでしょうけれども、今のところ、少し戸郷のほうが有利かな、という感じはしています。巨人がこのままいけば、「優勝に貢献した」ということになりますのでね。あとは投球回が規定回数に行くかどうか、というところでしょうか。そこがクリアできて、2ケタ勝利なら文句なしでしょう。去年はストレートとタテの変化が目立っていましたが、今年はそこにカットボールやスライダー系のボールも増えて、両サイドの幅もうまく使えるようになった印象があります。そのあたりのコントロールが、成長したところでしょう。故障をさせないで育てようということでしょうか、あまり完投とか、長いイニングは投げていませんが、規定投球回を目指すなら、今後はもう少しイニングを伸ばしていく形になる可能性もありますね。  一方、森下も新人王に値する成績を残していますね。こちらはホントのルーキーでもあります。新人ながら自分の持ち味を十分に発揮しています。ただ・・・

本文:2,249文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール