Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一番影響を受けたのはオリックスの仰木監督やった【岡田彰布のそらそうよ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

逆境から生み出される結束力をロッテに望む

一番影響を受けたのはオリックスの仰木監督やった【岡田彰布のそらそうよ】

オレは現役、コーチで計9人の監督の下で野球をやった。その中で一番、影響を受けたのが仰木さんやった。データを分析するそのスタイルがオレの采配にも生かされている

 スポーツ新聞で、久しぶりに「鳥谷(鳥谷敬)」の名前を見た。やはり気になる存在なのだが、これが新型コロナウイルスに感染したというニュース。エッと驚いたが、事はそれだけで終わらない。ロッテが新型コロナ禍に見舞われ、なんと13選手(濃厚接触者含む)が一軍登録から外れた(10月7日現在)というから、ホンマ、おそろしいことになった。  阪神も同じような事態になったけど、ロッテの場合、今後を見据えれば、とにかくショッキングな出来事と言うしかない。久しぶりに優勝争いに加わり、ソフトバンクとシノギを削っている真っただ中。逆転優勝の可能性は十分にある。しかし、ここでの一軍戦力の大量離脱は、モロに影響を受けるだろう。  阪神の場合、チーム内のルールを破ることがあった、とされているが、ロッテにはそういったことがないようだ。にもかかわらず、感染してしまった。こんなん、どう防げばいいのか……。誰がこうなっても不思議でない世の中である。物事には、事が起きれば必ず責任の所在というものが存在するけど、このコロナ禍には、それがあてはまらない。だから責めることができないし、決して責めてはならない。今こそ“チーム力”で乗り切るしかない。逆境だからこそ、生み出されるチームとしての結束力を、それをロッテに望みたいし、それこそがコロナに打ち勝つ証し。こんな状況でも勝てることを示してほしいし、期待するのである。  さて今週の週べであるが、特集は「監督力」とのこと。オレも阪神、オリックスで合計8年の一軍監督の経験がある。そして振り返ってみて、現役、コーチ時代に多くの監督と接してきた。1980年、阪神に入団したときの監督がブレイザーで、それから・・・

本文:2,127文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール