Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

データは参考程度にとどめ、自分自身の力と技術で勝負できる選手になってほしい【張本勲の喝!!】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

データに縛られるな

データは参考程度にとどめ、自分自身の力と技術で勝負できる選手になってほしい【張本勲の喝!!】

一球一球が勝負。配球を読みつつ、来たボールに対応する。打者は筆者

 今年に限ったことではないが、近年のプロ野球を見ていると非常にデータが重要視されているという印象を受ける。それはそれで決して悪いことではない。データは情報であり、情報が何もないというよりは少しでも多くあったほうが良いからだ。投手なら打者の、打者なら投手のデータが頭に入っていれば、それだけ戦いやすくもなる。  今はどのチームでも試合前に時間を割いてミーティングを行っているはずだ。バッテリーには相手打線の最近の傾向、攻略ポイント、また打者には先発投手の持ち球から狙い球の指示まで、こと細かく行っていると思う。スコアラーたちが蓄えてきたデータを頭にたたき込み、当日の試合に挑んでいるはずだ。  ただ、私はあまりデータというものを重視していなかった。こんなことを書くとデータを重視した「ID野球」の野村監督(野村克也、南海ほか)にお叱りを受けそうだが、データはあくまで・・・

本文:2,409文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール