Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大谷の『投手封印』は残念ですが、その分、打撃に期待です【大島康徳の負くっか魂!!】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE
大谷の『投手封印』は残念ですが、その分、打撃に期待です【大島康徳の負くっか魂!!】

今季は投手は封印となる大谷[エンゼルス]。今後は打撃に集中し、感覚を取り戻してほしいものです/写真=GettyImages

 先週号で心配していたら、やっぱり日本のプロ野球選手からも、開幕後初めて、選手の感染者が出てしまいましたね。ただ、もう、どこから感染者が出てもおかしくない情勢になっていますから、出たこと自体はしょうがないかな、という感じですよね。もうここから広がらないということを祈るしかない。まあ、1人出ても、そこから広がってはいないようなので、そこはよかったですが。  日程的にも、それほど大きく中止になることなく進めることができました。このように、1人感染者が出ても、ほかの人には広がっていない、という形にできる態勢を作れるよう心がけることが、これからも絶対的に大事になってくると思います。  そして、試合が中止になる可能性があっても、日程消化優先ではなく、しっかりと再検査をしたうえで進めていくことも必要になります。そうやって初めて「やっぱりプロ野球、始めてもらってよかったね」ということにつながっていくと思いますので。  メジャー・リーグのほうでは、大谷選手(大谷翔平、エンゼルス)が、右ヒジを守る筋肉部分を痛めてしまい、どうやら今シーズンの投手としての登板はなくなりそうですね。まあ、故障した人の筋肉がどうこうというのは本人しか分かりませんし、それも160キロを投げるピッチャーとなると違うと思いますので、何とも言えないですが、これはもう、非常に残念です。「二刀流」という分野を切り開き、それをアメリカに認めさせた大谷ですから。投げる大谷、二刀流をする大谷を見たいというファンはたくさんいますからね。  でも、不幸中の幸いというかある意味では・・・

本文:2,354文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール