Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

盗塁で大切なのはスタート。いくら足が速い選手であろうと簡単には成功できない【張本勲の喝!!】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

3人の快足ランナー

盗塁で大切なのはスタート。いくら足が速い選手であろうと簡単には成功できない【張本勲の喝!!】

オリンピック選手だった飯島。代走専門で117試合に出場し、23盗塁を記録した

 読者の方からすると「張本勲」と言えばバッティングのイメージが強いと思う。通算3085安打は日本プロ野球記録でもある。  一方で足も速かった。通算で319盗塁は歴代でも上の部類ではないか(26位)。調べてみてもらったところ、東映に入団した1959年から74年まで16年間連続で2ケタ盗塁、プロ5年目の63年には自己最多の41盗塁を記録している。自分としても足には大いに自信があった。もっと「走れ」のサインが出ていれば数字を積み上げられたと思うが、主に三番、四番を打っていた私には出塁しても「走るな」というサインのほうが多かった。  私の生涯打率は.319、本塁打は504本、319盗塁だが、この3つの数字に関しては非常に誇りに思っている。3割、500本、300盗塁を達成した選手は、私のほかにはメジャー・リーグのウィリー・メイズ(ジャイアンツほか)しかいないからだ。メイズは打率.302、660本、338盗塁。メジャーでは“コンプリート・プレーヤー”と言われ、私も彼を史上最強選手の一人だと思っている。  そもそもホームランも打てて足もある選手というのは、なかなか存在しない。足の速いヒットメーカーはたくさんいるが、それだけ難しいということだろう。だからこそこの記録には大きな価値があると思う。  その中で今回は盗塁をテーマに考えてみる。以前にも書いた覚えがあるが、足の速い選手と聞いて私が思い出すのは3人だ。広瀬叔功さん(南海)、福本豊(阪急)、そして・・・

本文:2,418文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール