Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二遊間のコンビネーションは練習でしか上達しないよ。阪神が感染者を多数出したが、これを負けの言い訳にはできん【岡田彰布のそらそうよ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

守備は練習で上達するからシートノックなしはありえない

二遊間のコンビネーションは練習でしか上達しないよ。阪神が感染者を多数出したが、これを負けの言い訳にはできん【岡田彰布のそらそうよ】

オレも平田と何度も練習したことでコンビネーションが出来上がっていった。二遊間での併殺のプレーはやはり何度も、何度も繰り返し練習することで精度が上がっていくもんよ。写真は85年の日本シリーズでショート・平田[中央]に送球するオレ[左]

 寂しい秋である。10月に入り、心にポッカリと穴が開いた感じで……。これって何だ。当然、答えは分かっている。そう「半沢直樹(TBS系列ドラマ)」のせいだ。ついに終了した。毎週日曜日が楽しみで仕方なかった。午後9時、テレビの前に座り、同時に録画も。ハラハラドキドキ、そして最後はスカッとしてな。これが終わった。オレも完全に「直樹ロス」状態だ。前シリーズから今シリーズまで、録画は完ぺき。あらためて見直そう。そして、野球界に置き替えて、阪神の「倍返し」「100倍返し」「1000倍返し」に心を巡らせるが、これはやっぱり期待薄か……。一層、秋の寂しさが身に染みる。  さあ、気持ちを切り替えて、週ベである。今週のテーマは「二遊間コンビ」だとか。巨人の長嶋(長嶋茂雄)さん─廣岡(廣岡達朗)さん、阪神の三宅(三宅秀史)さん─吉田(吉田義男)さんと昔は三遊間コンビが守りの華だったが、現代の野球では二遊間に重きが置かれている。センターラインの強さ、これがキーなのだが、現状で二遊間コンビがビシッと決まっているチームはほとんどない。例えば巨人ではショート・坂本(坂本勇人)はいるけど、二塁は固定できていない。同様の形が他球団にも表れている。  最近でいえば広島の菊池(菊池涼介)─田中(田中広輔)は二遊間として最上位のランクだったけど、今は力が衰えつつある。とにかく二遊間はあうんの呼吸というのが、コンビネーションが絶対条件である。何しろ二塁手、遊撃手はやることが多い。打球処理、カバー、バックアップ、カットプレー、そして併殺プレー。これらをこなして、ようやく二遊間誕生となるわけだ。  1985年、オレは二塁に回った。ショートが・・・

本文:2,276文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール