Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ第二波でも「1米ドル=95円を下回らない」といえるワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

「外貨の王様」米ドルの下落リスクとは?

コロナ第二波でも「1米ドル=95円を下回らない」といえるワケ

幻冬舎ゴールドオンライン

新型コロナウイルスの感染拡大により、5月中旬以降、米ドルは、多くの通貨に対して値を下げてきました。米ドルは過去、リーマン・ショックの影響で1米ドル=75円まで下落したことがあり、どこまで下がるのか気になっている投資家の数は少なくありません。しかし、マネックス・ユニバーシティ FX学長の吉田恒氏は「1米ドル=95円を下回ることはない」と述べています。一体、なぜなのでしょうか。当連載では、吉田恒氏が「様々な外貨の底値」について考えます。

本文:3,135文字

写真:3
  • 円に対してこれ以上は下がらないという水準は何円ぐらいなのか?
  • 【図表】米ドル/円と購買力平価(1973年~)リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込165
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

吉田 恒