Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第33回 読売巨人軍 vs 長嶋茂雄|「対決」で振り返るプロ野球史

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

1974年は「わが巨人軍は、永久に不滅です」で言い尽くされていた

第33回 読売巨人軍 vs 長嶋茂雄|「対決」で振り返るプロ野球史

74年10月14日、試合後に川上監督と握手する長嶋[3番]。長嶋の右は王

 1974年は、巨人の話題ばかりのシーズンとなった。  巨人は、中日に敗れV10ならず。王貞治が史上初の2年連続三冠王。61年から指揮を執ってきた川上哲治監督の勇退。そして、長嶋茂雄の現役引退即監督就任。  プロ野球の歴史の中で、これほどの激動の年はなかった。それも、1球団のみにかかわることで、日本中が沸きに沸いたのだから、これは、巨人の歴史のピークだったかもしれない。以後は、球界の盟主らしからぬ動きばかりが目に付く(例えば78~79年の“江川騒動”)巨人になるのだが、この年は、巨人一色のプロ野球に誰も文句を言わずに祝福したのだった(V10に失敗したことさえ、記録はいつか途切れるもの。よくここまでやった。ご苦労様という具合に、称えられた)。  この年の巨人の動きを時系列で追ってみよう・・・

本文:2,044文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール