Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マツダ広島での巨人連勝に感じた時代の節目【川口和久のスクリューボール】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

9年ぶりの3連勝

マツダ広島での巨人連勝に感じた時代の節目【川口和久のスクリューボール】

生きのいい活躍を見せている巨人・北村

 少し前になるが、7月14日からの広島-巨人3連戦について書いてみたい。3連戦の舞台となったマツダ広島は、巨人にとって長く鬼門と言われ、今回の3連勝は2011年以来だったという。  味方には背中を押す風となり、相手には重圧を与えていた満員のファンの後押しが欠け、カープが裏ローテだったことは間違いない。ただ、選手個々の力の差というより、戦い方、さらに勝利への執念の部分で、巨人が明らかに上回っていたことも事実だ。  一番よく分かるのが、主力打者のバントだ。原辰徳監督の野球において、シーズン終盤、ここぞの場面での主軸のバントはある。だが、この3連戦は、いつもより短いとは言え、まだシーズン序盤だ。それでも原監督は・・・

本文:1,401文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール