Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<甲子園交流試合・2020センバツ32校>第5日 第3試合 鶴岡東-日本航空石川 みどころ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 ◆第5日 第3試合 鶴岡東-日本航空石川 8月16日 15:20  ◇みどころ  強打が武器の鶴岡東に対し、本格派右腕2人を擁する日本航空石川。打撃戦になれば鶴岡東に、ロースコアで終盤までもつれれば日本航空石川に勝機が生まれる。 【動画】センバツ出場校、秋季大会熱闘の軌跡  鶴岡東は昨秋に1、2番に入った山路将太郎、野川大輔に注目。山路は俊足の左打者で、パンチ力と確実性を兼ね備える。昨夏の甲子園3回戦で3安打2打点をマークするなど経験も豊富だ。野川はミート力に優れた右の巧打者で、昨秋は交流試合出場の主力選手中3位の打率。佐藤俊監督が「山路、野川でチャンスメークをしたい」と語るように、上位打線が本領を発揮できれば、打線は勢いに乗る。  日本航空石川はともに140キロ超の直球で押す嘉手苅浩太、田中颯希の両右腕の踏ん張りが不可欠だ。嘉手苅は球威だけでなく、フォークなどの変化球も切れる。田中は打者との駆け引きに工夫を凝らし、試合を作る能力にたけている。中村隆監督は「最少失点でしのぎ、後半勝負に持ち込みたい」とイメージを描く。【石川裕士】  ◆鶴岡東 山形県・私立 全国大会出場回数 春2回/夏6回  ◇平常心で堅実な攻守  昨秋の公式戦のチーム打率は出場校中2位の4割1分9厘。山形県大会と東北大会の計8試合で87点を奪い、東北大会は全4試合で1イニング5点以上を挙げるなど好調な打線が目を引いたが、本来の特長は堅実さにある。1試合平均の犠打飛は出場校で最多の3・75個、平均失策は3番目に少ない0・25個。長年培ってきた攻守に手堅い戦い方で、全国の強豪相手にも互角に戦える力がある。  チーム初の1大会2勝を挙げて16強入りした昨夏の甲子園で唯一、2年生で出場し、秋は1番を務めた左打者の山路将太郎(3年)が打線を引っ張る。秋に2番に入った野川大輔(3年)はいずれもチームトップの打率6割4分、盗塁5でチャンスを広げた。それを中軸の馬場和輝(3年)、主将の鈴木喬(3年)が還すのが得点パターンだが、下位打線まで切れ目はなく、そこに犠打を効果的に絡めていく。  伝統的に複数投手制を敷いており、昨秋の東北大会で2完封と台頭した右腕の太田陽都(3年)、内野手を兼ねる右の小林三邦(3年)ら豊富な駒を擁し、継投のタイミングがポイントになる。  前身の鶴商学園時代、1979年にセンバツに初出場し、甲子園初勝利を挙げた。夏は6回出場しているが、今春は41年ぶりのセンバツとなる予定だった。チームは3月下旬まで練習を自粛し、その後はメンバーを分散させるなどして練習を再開させてきた。  佐藤俊監督はセンバツ交流試合の開催を知らせるスマートフォンの画面を鈴木に見せた際に「笑顔を久しぶりに見た気がする」と振り返り、「甲子園でプレーできることは3年生には励みになる」と語った。山形県独自大会は優勝。大舞台での戦い方は、普段通りだ。【藤村元大】  ◇沿革  1957年に鶴岡珠算講習所として開校。野球部は鶴岡商となった68年に創部した。77年に鶴商学園に改称し、2000年から現校名。OBに吉住晴斗投手(ソフトバンク)ら。甲子園には78年夏に初出場。19年夏に初の1大会2勝を挙げて3回戦へ進んだ。サッカー部も全国レベル。山形県鶴岡市。  ◆日本航空石川 石川県・私立 全国大会出場回数 春2回/夏2回  ◇両右腕柱に守り勝つ  2018年のセンバツは強力打線で8強に進出したが、今回は中村隆監督が「過去と比べても一番」と評する両右腕を柱とした守り勝つ野球で挑む。  秋の公式戦9試合全てに登板した田中颯希(3年)は打たせて取るタイプだが、ピンチでは狙って三振を奪う。球速は新型コロナウイルスによる自粛中の練習で145キロにアップした。190センチ、100キロを超す大型の嘉手苅(かてかる)浩太(3年)は140キロ台後半の速球が武器の本格派。入学後は足の甲、腰とけがが続き、昨秋の県大会決勝では右肘を痛めて北信越大会は投げられなかったが、股関節を柔らかくするなど故障しにくい体を作ってきた。9試合で6失策の安定した守りでリズムを作り、打線は秋に2番を務め、打率4割7分5厘を記録した主将・井口太陽(3年)を中心に機動力を絡めて1点を奪いにいく。  大半が県外出身者。甲子園を目標に野球に懸ける覚悟を決めて入学した選手たちは、3月中旬の練習を最後に一時、それぞれの自宅に戻った。選手とラインでのやりとりを続けた中村監督は「個々のモチベーションが見えなかった」と振り返る。ショックからか、とりあえず回答しただけのような部員がいた一方、投球フォームの動画を送ってくるなど意識の高さを見せていたのが両右腕だった。田中が「以前は球速アップをまず考えていたが、今は勝てる投球がしたい」と言えば、嘉手苅も「故障よりも大会がなくなったほうがつらかった。皆と野球ができなくなるから」とチームや仲間への思いをにじませる。  一時は気持ちの切れかかった選手もいたが、「野球ができる喜びを改めて感じた。勝ちにこだわりたい」と井口は全員の思いを代弁する。【中田博維】  ◇沿革  能登空港の隣地に日本航空第二として2003年に創立。野球部も03年創部。09年から現校名となった。航空科内に航空工学コースと普通科コースがあり、航空業界を目指す生徒が集まる。ラグビー部も強豪。甲子園では18年春に8強入りした。OBに角中勝也選手(ロッテ)ら。石川県輪島市。 ………………………………………………………………………………………………………  ※出場回数は今春のセンバツを含む ………………………………………………………………………………………………………  ◆お知らせ  ◇公式ガイド10人に  8月10日から行われる2020年甲子園高校野球交流試合に出場する32校を紹介したサンデー毎日増刊「第92回選抜高校野球大会公式ガイドブック」=写真=を10人にプレゼントします。希望される方はQRコードからアクセスしてお申し込みください。8月18日締め切り。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。問い合わせは毎日新聞社D.クリエーションセンター(03・3212・5134=平日のみ)。

【関連記事】