Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エースの100球の意味【川口和久のスクリューボール】

配信

週刊ベースボールONLINE

陥りやすい悪循環

エースの100球の意味【川口和久のスクリューボール】

巨人・菅野の投球は上々。中5日で行くのか

 今回は本誌が開幕号ということで、6月19日に開催されたすべてのオープニングゲームについて少しずつだが書いてみたい。  まずパ・リーグのメットライフの西武─日本ハム戦は、ニールと有原航平の投げ合いになった。3回まで有原がストライク先行の完璧な投球をしたが、制球力がよく、立ち上がり好調な投手にありがちな傾向で、より際どいコースを狙い始める。結果的には西武の打者がそれを見極めたことでボール先行となり、甘いストライクを狙われる悪循環になった。来日2年目のニールは、年をまたいで12連勝。立ち上がりから適当に荒れながらも、徐々に乗っていくいつもの投球だった。  PayPayドームのソフトバンク─ロッテ戦は、東浜巨と石川歩で、こちらも投手戦。ソフトバンク打線にはデスパイネ、グラシアルがいないが、6年目の栗原陵矢がファーストのスタメンに入り、サヨナラ打。相変わらずの層の厚さを感じたが、ロッテというチームはなぜか、ソフトバンクと・・・

本文:1,518文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます