Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セの新人王は広島の森下も頑張っているが、首位・巨人で勝っている戸郷が有利と思うよ【岡田彰布のそらそうよ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

頂点を極めた後にくる反動。広島もそれにあたるのか……

セの新人王は広島の森下も頑張っているが、首位・巨人で勝っている戸郷が有利と思うよ【岡田彰布のそらそうよ】

今春に沖縄で戸郷を見たときに、原監督が期待する理由が少し分かった。結果もまた7勝とチームをけん引しており、優勝すれば間違いなく新人王やろ。在京の記者も多いしな/写真=BBM

 今週のテーマに入る前に、気になることをひとつ、触れておきたい。巨人独走のセ・リーグで、下位にもがく広島のことである。9月11日からの甲子園での阪神3連戦。まったくいいところがなく3連敗……。これで借金が2ケタにまで乗ってしまった。  あの広島が……という思いだ。3連覇したあの強いカープはどこに行ったのだ。何か35年前の阪神の姿がダブるんよね。頂点を極めたあとに襲ってくる反動。それをまともに受けている、という感じなんよ。タイガースもそうやった。チームの形を整えて、準備ができたところで1985年の日本一。ところがここからキツかった。坂道を転げ落ちるようにチームはバラバラになり、下位に低迷するようになり元に戻ることはなかった。「天」から「地」へ。広島はこれと同じ道を歩んでいる。  スキのないチームに、スキが生じる。確かに黒田(黒田博樹)、新井(新井貴浩)という投打の軸が抜けたこともあったが……それにしても、この変わり様には驚いてしまうわ。一度崩れ始めたチームを立て直すのがこれほど難しいことなのか。広島を見ていると、野球の怖さをあらためて感じるのである。  さて、ここからが今週のテーマ。「新人王争い」について、である。凋落の広島に触れたが、その中にあって、ルーキー・森下(森下暢仁)がキラリと光るピッチングを続けている。オレは開幕前、セ・リーグの新人王の大本命に、この森下を挙げた。さらに言うと、昨年のドラフト会議、もし指名するなら……と聞かれ、・・・

本文:2,299文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール