Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

左打ちを習得するために大切なこと【立浪和義の超野球論】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

左だから長くできた

左打ちを習得するために大切なこと【立浪和義の超野球論】

少し手を離していた時代の筆者

 私は右投げ左打ちでしたが、左打ちに関しては、小学校低学年からやっていたので、特に苦労したという記憶はありません。  右打ちに比べ一塁まで近く、ピッチャーに右投げが多いこともあり、右打者より間違いなく有利だと思います。体が決して大きくない私が、その後、プロに行くような選手となり、これだけ長く現役生活を続けることができたのは、やはり左打ちだったからこそ、と思っています。  子どものころ、同じ右投げ左打ちの巨人・篠塚和典さんにあこがれました。バットコントロールが巧みで、逆方向にきれいなヒットを打つ素晴らしいバッターでしたが、私自身はほとんど逆方向の意識はなく、むしろ引っ張り一辺倒。リストが強かったこともあり、球は飛びました。  ただ、茨木ナニワボーイズ時代・・・

本文:1,100文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます