Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ナイトスクープ局長交代で会見 西田敏行「番組のコンセプト薄らぐのではと考え引こうかと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 俳優の西田敏行(71)が局長を務めるABC朝日放送テレビの番組「探偵!ナイトスクープ」の11月22日分の収録が25日夜、大阪市福島区の同局で行われた。西田にとっては25日が最終収録となり、その番組内で、新局長にダウンタウンの松本人志(56)が就任することも発表された。二人は収録後に報道陣の囲み会見に応じた。 【写真】探偵!ナイトスクープ松本人志新局長と西田敏行前局長が握手

西田「ノーサイドの気分」松本「完成した番組に乗っかかるというのはやったことがない」

 西田は会見冒頭で「ラグビーで言う『ノーサイド』の気分ですね。感無量です。楽しかったです。ありがとうございました」と述べた。  続いて松本は「いや、なかなかこれだけ完成した番組に乗っかかるというのはやったことがないんで、とにかく番組の邪魔にならないようにしないといけないながらも、自分のところも作っていかないといけないので。経験したことがないので、やってみないと分からないですね」と述べた。

西田の降板理由は「番組のコンセプトが薄らぐのではと考え」

 西田は会見で「去年の秋くらいからちらちらと考え始めました」と述べた。そして「この番組の大ファンだった。上岡(龍太郎)局長が大阪人のエスプリを根底に深い時間に大人の乾いた笑いを追求されたことだったのかな。僕がファンになったゆえんもそこにある」と自身が局長に就任した時を振り返った。  そして「いざ自分が局長やってみませんかというオファーがあって、やってみると探偵やスタッフの熱意が感動になった。感動になって泣いてしまった。そしたら依頼者の年齢層も低くなってきて、家庭の悩み問題もたくさんでてきて、乾いた笑いからマスターキートンな話題から、(僕は)チャップリンになってきたので。これはやはり乾いた笑いとぬれた笑い感性をフィフティフィフティにして進みたいなと思った、ぬれた感性が多くなってきたので、大阪人のエスプリを効かせる番組に修正していかないと番組を作ったコンセプトが薄らいでいくのではというのがあって、引こうかと」と降板理由を述べた。

松本「本当は西田局長の次は(島田)紳助さんだったんじゃないのかなというのがあって」

 報道陣からは「体力的にしんどいとかはあるか」という質問がとんだ。それに対し西田は「それもありますね、72だし。大阪まで新幹線でこれるのもね、肉体的にはしんどくなってきてますね」と答えた。  松本には「西田さんの動機をうけて、松本さん的にはどうしたいとかありますか」という質問が飛び「どうなんでしょうね、僕が変えていいのかなというのが正直あるんですね。上岡さんから始まった番組で、上岡さんも大尊敬してますし」と答えた。  そして「本当は西田局長の次は(島田)紳助さんだったんじゃないのかなというのがあって。けど、紳助さんがこういう形になって難しそうなんで、僕が勝手に命を受けた感じですかね」と続けた。

【関連記事】

最終更新:
THE PAGE