Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今季の特別ルールは阪神には追い風になるよ【岡田彰布のそらそうよ】

配信

週刊ベースボールONLINE

阪神のアイデアに交流試合、球児たちの心は救われたよ

今季の特別ルールは阪神には追い風になるよ【岡田彰布のそらそうよ】

外国人枠が4人から5人になったことで阪神のようにスタメンに3人の外国人野手が並ぶ可能性がある。より実力のある外国人を持っているチームが有利なシーズンになりそうだ/写真=早浪章弘

 兵庫県西宮市の自宅にも、大阪玉造の実家にも“それ”はない。現役時代、さかのぼってアマチュア時代に贈られた盾やトロフィー、記念のボールがあるのに「甲子園の土」だけがない。  オレは北陽高(現関大北陽高)のとき、甲子園に出場している。1年の夏である。激戦区の大阪を勝ち抜いての出場やった。そして大会では途中で負けた。敗戦後、3年生は甲子園の土を集めて持ち帰った。1年のオレはそんなことしなかった。そのときに思ったこと。これから先、何度か甲子園で戦える。甲子園の土は最後に持って帰ろう、そう誓ったわけだ。  ところが現実は違った。2年のセンバツは出場が決まっていたのだが、不祥事が発覚して辞退となった。以来、ついに甲子園への道が開けることはなかった。だから、記念の土が手元にない。今になって、持ち帰っていたら……と思うこともあるけど、まあ、仕方がないわね。  今年、センバツ、夏の甲子園が中止になった。新型コロナウイルスの影響で、高校球児は泣いた。そこで、阪神が考えてくれた。全国の約5万人の球児に「甲子園の土」をプレゼントするというもの。甲子園に立てなくても、3年間、甲子園を目指し、野球に打ち込んだ証しを、甲子園の土に込めて……。何とも愛あるアイデアであり、ホンマ、素晴らしいことと拍手を送りたい。  さらに6月10日、中止になった今春のセンバツに出場が決まっていた32校による交流試合が8月に1試合限定で、甲子園で行われることが発表された。何とか夢舞台でゲームをさせてあげたい……と考え、ここにたどり着いた。ならば夏の大会もできたのでは、なんて声も上がるだろうが、とにかく、この機会が生まれたことで、球児たちの気持ちは救われただろう。悔いなく、ハツラツ、そして甲子園を存分に楽しんで戦ってもらいたい。  さてプロ野球だ。6.19開幕である。無観客でも開幕だ。ベンチではソーシャルディスタンス、ツバ吐きはダメ、大声は出せないし、ハイタッチもダメ。それでも開幕だ。待ちに待った時が来る。  読者の皆さんがこのコラムを読んでいるのは開幕前日くらいか!? 特別なシーズンだけに、選手たちの気持ちの高ぶりは相当だろう。もちろん監督もそう。オレも開幕前夜は・・・

本文:2,203文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます