Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いいリリーバーの条件とは、三振が取れる球種があること【岡田彰布のそらそうよ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

机に置かれた紙キレにオレの辞任の知らせが……

いいリリーバーの条件とは、三振が取れる球種があること【岡田彰布のそらそうよ】

2005年の阪神優勝の原動力はまさにこの3人やったよ。04年に藤川[左]と久保田[右]を中継ぎとして試し05年に花開き、ウィリアムス[中央]とともに最強の勝利の方程式「JFK」を形成した/写真=BBM

 8年前になる。2012年シーズン、オレはオリックスの監督3年目を戦っていた。だが、成績に反映されず、もちろん責任を感じていた。だから今季限りで辞任する……と決めていた。最後の遠征やったと思う。球団サイドと話し合い、最後まで指揮して終わろう、となっていた。  ところが遠征から帰り、球場に行くと何やら騒がしい。監督室に入って驚いた。紙が一枚置かれていた。そこにはオレがこの日、ベンチを外れ、そのまま監督を退くと記されていたのだ。「エッ?」と思った。最後まで戦う……と決まっていたのに何で? 番記者にプレスリリースがあり、途中退団が決定していた。  親しい記者は怒っていたわ。「紙切れ一枚で終わりですか。あまりにひどい仕打ちやないですか」。オレは試合前に球場を出て、記者たちと食事に向かった。そこまで監督だったのに、試合を食事処でテレビ観戦なんて……。ありえない光景やった。それでもオレは記者にこう伝えた。「紙一枚であっても、これは契約社会のこと。そういう中で生きてきたんやし、もう契約しない……となれば、従うしかないやん。これが契約というもんなんやからな」と。  そんな8年前のことを思い出した。オリックスの西村(西村徳文)監督が・・・

本文:2,187文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール