Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2校、落胆と安堵 健大高崎 決定に従い準備する/桐生第一 甲子園に立たせたい /群馬

配信

センバツLIVE!

 <センバツ高校野球>  19日に阪神甲子園球場で開幕予定の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて無観客開催で準備されることが決まったことに、健大高崎と桐生第一の県勢2校では落胆とともに、ひとまずの中止回避への安堵(あんど)の反応が見られた。【妹尾直道、高橋努】 【動画】センバツ出場校、秋季大会熱闘の軌跡  ◇決定に従い準備する 健大高崎  主催者発表を受けて健大高崎の青柳博文監督は報道陣の取材に応じ、「非常に複雑な気持ち。決定に従って最大の準備をしていきたい」と話した。  同校は昨秋、関東大会で優勝し、初出場の明治神宮大会では県勢初の準優勝。今冬は観客を魅了する「スペクタクルベースボール」を掲げ、強化に取り組んできた。戸丸秦吾主将(2年)は「(さまざまな人に)応援されていることを忘れず、心に刻みながらプレーしたい」と前向きな姿勢を示した。  チームは11日の出発を延期。大会への調整にも影響が出る。青柳監督は「練習は学校と協議して健康面を配慮しながらやっていきたい。練習試合もキャンセルが出ているが、相手を探す」と話した。  ◇甲子園に立たせたい 桐生第一  桐生第一は主催者の発表を受けて、味戸克之校長らが報道陣の取材に応じた。テレビの速報で発表内容を知ったという味戸校長は「無観客でやるという前提で我々も準備を進める。10日に予定していた野球部の甲子園への出発なども、変更しなければならないだろう」と話した。  学校はこの日から臨時休校に入ったため、野球部は練習を午前中で終了し、主催者発表の時点では、選手はそれぞれ自宅や寮で待機していた。今泉壮介監督は毎日新聞の電話取材に「部員には、今できることを精いっぱい、一生懸命やろうとだけ話している。正直に言えば無観衆であっても子どもたちを甲子園に立たせてやりたい。それが本当のところです」と話した。

【関連記事】