Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高卒のピッチャーの中で最高の素質を持っていた尾崎行雄。本当に“もったいない”投手だった【張本勲の喝!!】

配信

週刊ベースボールONLINE

低めに伸びる快速球。まさに“怪童”だった

高卒のピッチャーの中で最高の素質を持っていた尾崎行雄。本当に“もったいない”投手だった【張本勲の喝!!】

尾崎は高卒のピッチャーとして史上最高と言っていい素質を持っていた

 これまでに私が見てきた高卒のピッチャーの中で最高だと言えるのが、東映フライヤーズでともにプレーした“怪童”尾崎行雄だ。右左で1人ずつ選ぶなら、左ピッチャーは江夏豊(元阪神ほか)になるだろう。  尾崎は私にとって浪商高の後輩にあたる。1961年に快速球を武器に2年生で夏の甲子園の優勝投手になると、11月に高校を中退して東映に入団してきた。9月11日が誕生日だったから、17歳になったばかりでプロの世界に飛び込んできたことになる。しかし、とても17歳とは思えぬ体つきをしていた。胸板は厚いし、腕が長い、加えて体も柔らかい。一緒に寮で風呂に入ると、肩回りの筋肉もすごい。17歳でもすごいピッチャーがいるなと思ったものだ。  プロ野球史上における速球投手の話題になれば、今でも必ず尾崎の名前が挙がる。それほど真っすぐは速かった。高卒のピッチャーでは今年ロッテに入った佐々木朗希や日本ハムにいた大谷翔平(現エンゼルス)も、高めの球だけを見れば尾崎や江夏とさほど変わらぬだけの球を投げる。だが、尾崎と江夏は低めの球も非常に速く、グーっと伸びた。低めにあれだけ速く重い球を投げることができるピッチャーはそういない。  最初の練習のときにはチームの誰もがそのピッチングを見にいった。エース格だった土橋のあんちゃん(土橋正幸)が「ハリ、すごいのが入ってきたぞ!」と興奮気味に言っていたほどだ。61年は私が初めて首位打者を獲得した年だが、そんな私でもキャンプなどで打席に入ると・・・

本文:2,579文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます