肩の力の抜き方

何か新しいことをスタートさせたり、関係の浅い人と仕事をしなければならないとき、どうしても肩に力が入ってしまうものです。緊張したり、肩の力が入っていると、自分の力が発揮できないものです。ですからリラックスしよう、もっと冷静になろうと自分に問い掛けます。周囲からも「大丈夫」「心配しないで」「もっと肩の力を抜いて」などと言われることでしょう。とはいえ、なかなか「心がけ」では肩の力を抜くことはできません。

なぜ肩に力が入るのか?

肩に力が入ってしまう理由は、単純です。慣れないことをするからです。慣れない作業をさせられている、慣れない人と付き合わなければならないシチュエーションに置かれているからです。「慣れない」ということは「習慣化していない」ということ。習慣は過去の体験の「インパクト×回数」でできています。この場合「数」です。「数」が足りないから、ある物事に「意識」を向けないと、そのことができないのです。この状態を「意識的有能」と呼びます。意識しているときは有能だが、無意識のときは無能であるということです。

車の運転免許を取得したばかりのとき、助手席の人とお喋りしながら運転できるかというと、多くの方はできないでしょう。運転に集中しているため、他事に意識を向けられないのです。

しかし「数」を繰り返すことによって意識しなくてもできるようになっていきます。この状態を「無意識的有能」と呼びます。この状態になることで、無意識のうちにできるようになる、つまり「習慣化」するということです。車の運転でいえば、場数を踏むことで運転に慣れ、同乗者の人とお喋りしたり、音楽を聴きながらでも自然と運転ができるようになるのです。

「場数」が唯一の解決方法

脳はある物事に焦点を向けると、他のことには焦点を向けられません。これを「脳の焦点化の原則」と呼びます。慣れない作業を同時に2つ以上こなすことができないのは、このせいなのです。

肩の力を抜くためには、「完璧主義者にならないこと」「上手にやろうとしなくてもいいの」「リラックスして。あなたならできる」などと言われても気休めにもなりません。「場数」です。量をこなすことで「無意識」のうちにできるようになり、緊張感から解放されます。同時にいろいろなことを習慣化させることは不可能ですので、ひとつひとつの事柄に意識を向け、ひとつひとつを習慣化させていけば、必ず肩の力を抜くことができます。そして本来のポテンシャルを発揮できるようになるのです。