■「子どもを守る」とは

親なら誰でも子どもを守りたいと思います。子どもを、被害者にも加害者にもしたくないに決まっています。

でも思いとは裏腹に、子どもを守ろうとして、結果的には逆効果のことをしてしまっている親達、大人たちを見ます。

子どもを守るとは、子どもより先に動くことでしょうか。

子どもが、傷つかないようにすることでしょうか。

完璧な衛生を保つことでしょうか。

子どもを苦しませず、楽をさせることでしょうか。

私たちは、せっかく子どもを守ろとしているのに、かえって子どもを追いつめてしまうことがあります。

子どもが幸せになれるために、本当の意味で子どもを守るために必要なことを、お伝えします。

小さなケガを怖がりすぎると、大きなケガをする子どもが育ってしまうのです。

■子どもは傷ついても良い