J3リーグ開幕から2試合を1勝1分とまずまずのスタートを切ったガンバ大阪U-23。今節は初めて、アウェイの地に乗り込み、第3節のカターレ富山戦を戦ったが結果は2−1と惜敗。先制を許した後、後半早々にMF二川孝広のスーパーミドル弾がゴールネットを揺らして同点に追いついたが、終盤、富山のMF衛藤裕に直接FKを決められ万事休す。J3リーグ初黒星を喫した。試合後のG大阪U-23監督、選手のコメントをお届けする。

●實好礼忠U-23監督

U-23チームとして初のアウェイ戦。1、2戦目をホームで気持ちよくプレーできて、この3戦目の初アウェイは、雰囲気も全く違う中でどうかなというところでしたが、思った以上に選手たちはハードワークもしっかりしていた。攻撃面でも、自分たちの形、数こそ少なかったですが、もっとできない印象をもっていただけにまずまずというところでした。

ー初めてリードを許す展開になった中でハーフタイムでの具体的な指示は?

いつも言っていることですが、1失点なんかどうってことないよと伝えました。後半も前向きに前線から守備も入ってくれていたと思います。

ー後半開始早々に追いつき、流れがきたかなと思ったところで、途中から守勢になったように見えました。

確かに時間が動いていった中で守備にまわる時間が増えていったのかな、と。ただ、マイボールになった時はマイボールのところでしっかりボールを動かす事はできましたし、自分たちの時間をどうもってくるかというところでは繋いで戻す、繋いで戻すということをベンチからも声をかけながらやっていて、選手たちも判断しながら、ボールを繋いで戻す時間帯もあったのかなと思います。

ーそこで流れを引き戻せたと?

選手たちのボールを繋ぐ意識やアクションなど、守備のところでもしっかりポジションをとって、穴をあけなずに、かつボールを奪いに行くことを繰り返した結果,少しずつできたかなとは思います。

ー富山の印象は?

FWの選手は足も速いし、苔口選手を中心に繋ぐ意識の高いチームでなかなか前半はボールを意図的に奪うことが難しかった、相手のシステムも前節からかわったし、人の配置もかわったので戸惑う部分もありましたが、そこは試合の中で修正していけたと思います。

ー初めてのアウェイ戦ということで、試合前、何か注意されたことや、伝えられたことはありますか?

試合前には、これまでは恵まれたホームの素晴らしい環境で2試合戦ってきたが、また雰囲気はがらっと違うということと、充実した2試合戦っての3戦目は一番難しいよ、と。選手自身も試されるポイントの試合だということはロッカーで伝えました。負けはしましたがそのあたりの選手の反応は良かったと思います。

●MF二川孝広

(ゴールシーンについて)風が結構きつかったし、しかも風上だったことを考えても、ミートがしっかりできたんだと思います。そこまで風を気にして蹴った訳ではなかったんですけど、しっかりミートできたことで威力がでたんだと思う。そのあと、失点の仕方がが…FKとカウンターで決められているので、獲られ方がもったいなかったですね。あの時間帯、再三にわたって押し込まれていましたしね。なかなか前でおさまらず、セカンドも拾えないという状況が続いていた中での失点だったので。もう少しあそこで踏ん張れたらな、というのは課題に残りました。(珍しくゴールの後はガッツポーズが出ました)出ちゃいましたね…自然に(苦笑)。いいゴールだったと思います。(U-23チームとしては初めてアウェイ戦でした)そうですね。トップチームとは違い、荷物を自分たちで運んだり、アップ着も各自で用意して持って行ったりと…今回はバス移動だったので、まだそこまで大変さも感じなかったですが、こういうのも経験だなとは感じています。

●GK田尻健

(U-23としてはJ3初出場でした)そうですね。U-22選抜では出場していたけど、チームでは初めてでした。(追加点を決められたシーン。相手のFKも絶妙だったと思いますが)そうですね。風もあったし、結構ボールを隠されて見えなかったのもあります。去年もU-22で富山にきたのですが、その時に左利きの選手の方が蹴ることが多かったのでそれも一瞬頭を過ってしまって。その上、ボールを隠された感じになったので…難しかったです。(あの時間帯押し込まれていて、何度もセットプレーでチャンスを作られていた。危ないなという感じはありました?)そうですね。後半は前半とは違う展開になり…若さもあってか、少し浮き足立ってしまったのかな、と。セットプレーも耐えていたけど、そのあとのボールをもっと大事にしないと、ああやって何度も攻められてしまうので。そういうところは日頃の練習で突き詰めていくしかないので、いい課題ができたのかなと思います。(後半追いついてから守勢にまわることが多かった)そうですね。決して受け身になった訳ではないですが、セカンドボールを結構相手に拾われて、そこからずるずると…結果的に守勢になり、ディフェンスも後手を踏んでしまった。1点獲ったあともみんなで「前からいこう」という声は掛け合っていたんですけど、そこで空回りというか。獲り切れずに奪われて、みたいな。ちょっとおかしいとなった時に極端な話、一度、引いて守ってみるとか、そういう相手を揺さぶるようなプレーをしなければいけなかったし、僕も後ろからそういう声を出していかなければいけなかった。(U-23としては初のアウェイ戦。試合までのもっていきかたとか、難しさを感じた部分は?)個人的には慣れているので特別なことはなかったんですけど、結構バス移動で時間をかけてきて、いいホテルだったけど普段とは違うベッドとは違うし、やっぱり初めてアウェイ戦を経験した選手もいて、突き詰めて考えれば、そういう環境に不慣れなところも、試合の後半にも出てしまったのかな、と。でもこれも慣れていくしかないし、悲観的には捉えていません。

●FW高木彰人

(U-23初先発でした)そうですね。後半から出場したときは、相手も疲れているし自分のスピードも活かしやすかったけど、今回スタメンで出て、相手もガツガツくるし、そこで前半は僕と一美のところでなかなか起点が作れずに前半は良い攻撃ができなかった。前半のうちに1点でも決めていたらまた違った展開になっただろうし、そこで決めなければいけなかった。(後半追いついてから押し込まれる展開になりましたね)そうですね。フタさんのゴールの後ももう一回前からいこうとなったんですが、あの時間帯くらいから風も強くなってきて、相手のサイドの選手がドリブルとか特徴のある選手が多くてファウルで止めてしまうということが続いていたので。そこでどんどん守勢にまわることになったのかなと思います。(初めてのアウェイ戦でしたが、ホーム2戦を戦ったあと、遠征してアウェイ戦を戦ってみて何か感じた事はありましたか?)やっぱりホームだと自分たちのグラウンドなのでやりやすさもああるし、水も蒔いてもらえるのでパススピードもかわってくるんですが、今日は水も蒔かれていなかったし、ピッチもボールが転がりづらい状態になっていたので。そういうところでもしっかり対応していけるような準備は必要だと感じました。

●MF堂安律

(思うように攻撃を作れなかったのでは?)そうですね。僕自身も少し身体が重かったです。代表で3試合でて、帰ってきて…言い訳ですけど、身体は少し重く感じたし、実際にボールもあまり触れなかった。結果的にFKを決められたシーンもファウルをしたのは僕なので、反省しないといけない。(前でボールもおさまらずに攻撃の連動性も欠いたのかなと)そうですね。僕も右サイドで少し張り過ぎていた気もするし、もっとフタさんとか中に入ってやったほうがガンバらしいサッカーができたんじゃないかと思う。今日はFWとの連携も悪かったし、崩しのリズムが最後までみえなかったように思います。(後半追いついてから押し込まれる展開になった)そうですね。個人的には追いついた瞬間、いけると思ったし、崩せると思っていたけど、セットプレーで押し込まれることが増えて、危ないシーンも続いたので。僕は途中でFWにうつっていたから、あそこでもうちょっと頑張ってキープしてあげるとか、しないと後ろがきつかったなと思うし、自分自身、得点が取れなかったのは反省です。(U-23としては初めてのアウェイ戦という中で何か感じたことはありましたか?)移動や前泊もある中で、試合までの自分のリズムみたいなものを作っていかなければいけないと感じました。

●MF岡崎建哉

(久しぶりの公式戦でした)そうですね。いや、まずピッチに立てたのが良かったです。9ヶ月くらい、サッカーができなかったし、リハビリ期間はやっぱり結構辛かったので。まずコンディション以前に、ピッチに復帰できたことがよかった。パファーマンスについては、最初はスピード感に全然ついていけなかったですが、そこはやりながら感じていくしかないなと思っています。焦っても仕方がないので、一歩ずつコンディションをあげられるように日々をやっていきたい。(後半は途中から押し込まれた)そこは自分が動けなかったのもあるので…そういう展開でもっと試合をコントロールしていけるようになっていきたいです。(J3のレベルをどんな風に感じましたか?)僕自身はケガからの復帰戦だったので…正直、復帰戦としてはこれまででサッカーをしてきた中で一番といっていいくらいしんどかったです。練習試合も30分強くらいしかやっていなかったですしね。それもあり、今日も慣れるまでは大変でした。ただ、そのコンディションも、とにかくあげていくしかないし、一度これを経験したらまた違うはずなので、今週もどんどんアピールして…今日くらいでは全然だめなので、もっと自分に求めてやっていきたい。(公式戦でケガをした箇所に怖さを感じる事はなかったですか?)いや…まだちょっと左足がでないなっていうのがあるので。まずはその恐怖心をとらないとガツガツもいけないのですが、それも一歩ずつやっていくしかないので。こうしてまた公式戦に出場できたということをポジティブに捉えてやっていきます。

●DF内田達也

(個人的には初めてのU-23の試合でした)最初はどんな感じか分からず、ピッチも馴染めていなかったので、少しバタバタしましたが、やりだしたら落ち着きました。センターバックは公式戦では久しぶりですけど、紅白戦ではやっていたので、特に問題なくやれたと思います。(後半、風下ということもあり、かなり押し込まれたね)フタさんが獲った瞬間のような勢いでいければよかったけど、相手も風をうまく使ってきたし、押し返す力がなかったですね。(なかなか攻撃ではらしい形を作れなかったですね)そうですね。起点がなかなか作れず…でもサイドにはこのチームのストロングでもあるフタさん(二川孝広)や(堂安)律がいるので。サイドをうまく起点にしつつ、一美(和成)もゴール前に入っていったら強さも、ヘディングもあるので。ゴール前で力を発揮できる選手だと考えても、もう少しサイドをうまく使いながら仕掛けていければよかった。(ここでプレーする悔しさはあると思う。どういうことをこの舞台で考えながらプレーしていますか?)ここでやらないことにはトップにも戻れないので。まずは個人的に100%以上のものを出してチームを勝たせる事が一番大事だと思うし、そういうプレーをしていれば監督も見てくれているはずなので。悔しさもありますけど、まずは自分がしっかりやることでしか状況は変えられないので、しっかりやり続けたいと思います。