日本ラグビー協会は6月の日本代表ツアースコッド43名を発表。一部報道で辞退が伝えられているリーチ マイケルら、昨秋のワールドカップイングランド大会のメンバーは19人、リストアップされた。

4年に1度あるワールドカップの自国大会を2019年に控えるジャパンは、6月11日に敵地バンクーバーでカナダ代表と、18、25日にはスコットランド代表とそれぞれ愛知・豊田スタジアム、東京・味の素スタジアムでそれぞれテストマッチ(国際間の真剣勝負への出場数)をおこなう。スコットランド代表は、歴史的な3勝を挙げたイングランド大会で唯一敗れた相手。

2016年度以降はジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC)が着任予定も、現在は国際リーグであるスーパーラグビーのハイランダーズを率いており、来日は今夏以降。

現在、アジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)をおこなっている若手主体の日本代表では中竹竜二HC代行がの指揮を執る。中竹HC代行は、20歳以下(U20)日本代表やワールドラグビーパシフィックチャレンジ(パシフィック・ラグビーカップ=PRCと同様の大会で、環太平洋諸国の有望株と対戦)を戦った「ジュニア・ジャパン」を率いている。

6月のツアーでは、スーパーラグビーに日本から初参戦するサンウルブズのスタッフがジャパンをサポート。なかでもマーク・ハメットHCが、代表HC代行という重責を担う。

今回のメンバーは薫田真広・男子15人制日本代表ディレクター・オブ・ラグビー(DOR)とジョセフHCが中心となって選考。発表前日の5月9日には、薫田DOR、ジョセフHC、サンウルブズの田村誠ゼネラルマネージャー、ハメットHC代行、ジャパンにも加わるサンウルブズの田邉淳アシスタントコーチらがスカイプを使って最終ミーティングをおこなった。

以下、薫田DORとハメットHC代行の会見中の一問一答(※のみ当方質問、編集箇所あり)

薫田

「今回のメンバーを調整するなかで感じたことは、日本の選手は、昨年のワールドカップ、(国内の)トップリーグ、スーパーラグビー、これからの日本代表と、この9か月でお腹一杯のような生活を送っている状態だということ(コンディション調整などに苦慮している)。新たなチャレンジをしている現状です。2019年に向け、選手のコンディションをベストに整えてゆく…その戦略を立てることが重要だと感じました。

プライオリティーの一番は2015年のワールドカップのメンバーを主に考えました。

そのなかで、すでに引退を表明した選手、色んな諸事情でインターナショナルからは引退する選手、怪我によって参加できない選手、オリンピックまでセブンズ(男子7人制日本代表)に専念する選手は外しました。そこへサンウルブズ、フィジーでおこなわれたPRC、現在おこなわれておりますARCでの各選手のパフォーマンスを観て、代わりの選手を埋めていきました。

最後に、2019年に戦うポテンシャルのある選手も選出しました。サウマキはそうですし、彼の力がどこまで世界で通用するかをチェックしたい。

昨日、最終セレクションーミーティングをおこないました。その結果が、43名のスコッド(詳細下記)となります。

事前に、ハメットとジョセフには、日本人選手の昨季の所属チームや日本代表の映像をチェックしてもらいました。また、ARCをおこなっている中竹、遠藤(哲フォワードコーチ)、栗原(徹バックスコーチ)とともにARCのパフォーマンスを評価しまして、それも43名のリストに反映しています。

山下(裕史、イングランド組で現在スーパーラグビーのチーフスでプレー)については、打診は、おこないました。ただし、今回はチーフスに専念したいということで、見送りました。今後、チーフスや(国内所属先の)神戸製鋼でのシーズンを観続けながら、(秋のツアーがある)11月に…という話はしております。(マイケル・)ブロードハーストも必要な選手ですが、コンディション不良とお伝えしておきます。

いままでのように、長期間キャンプでのセレクションを経てツアーに…ということは叶いません。5月28日にスーパーラグビーの第14節が終わります。その後すぐ集合、出国となります。

第14節が終わった段階で、まず選手のコンディションをチェックし、それを優先に考え、5月下旬、この42名のなかから30名程度のメンバーをリリースしたいと考えます。ここから、カナダ遠征に行く25名のメンバーを絞り込み、同時に、キャプテンも発表します」

ハメット

「まずは今日お越しいただいた皆様に感謝の気持ちを述べたい。きょうが日本代表の強化、第1日目となります。

先に断りを入れたいのは、私はジェイミー・ジョセフの代理として発言します。

いまは日本ラグビーにとって大事な時期です。

どんな国にも、ワールドカップ後のチームの立て直しというフェーズがあります。

そして2015年の活躍は偶然ではなく、長期間の準備を経て得られた結果です。

いま、日本ラグビーにはSRというファクターが入りました。ティア1(上位国同士の試合)と同様の大会で、精神的にも応える大会です。テストマッチ同様のレベルの試合が続きます。それに適応するには時間がかかります。けれどもこの先、2019年までには対応できるようになる。そうして、日本のラグビーがいい立場になると信じています。

薫田さんから話があったように、今度のワールドカップ後に離脱する選手も出てきます。オリンピックのセブンズに専念するため、今回は参加できない選手もいます。けれども、そこの穴を埋める選手がどれくらい戦えるのかという力量を観る、いいチャンスがあります。誰が新しいリーダーになるか、若手にテストマッチの試合を経験させてあげられる…。そうしたポジティブなこともあります。この先、新たな試練があります。すべての準備を行い、オープンな状況で期待に応えていければ、2019年結果を残せると思います」

――セレクション上の難しさは。

ハメット

「もちろん、私の主な任務はサンウルブズの指揮で、それに時間を取られたところはあります。けれども当初から、セレクションは薫田さんとジョセフが責任をもっておこなうと聞いていました。私のほうからは、サンウルブズの選手の評価を薫田さんにお伝えしました。薫田さんは、トップリーグの選手の力量を熟知しています」

――リーチマイケル選手と五郎丸歩選手について、どう交渉したか。

薫田 

「2人だけではありませんが、海外でプレーする選手は直接交渉をしています」

――リーチ選手は一部メディアに「今回は休養したい」と話していました。

薫田 

「冒頭でも話した通り、選手は9か月もプレーしていて、コンディションを整えるのに困惑している。リーチとは常に話をしています。『日本ラグビーにベストな状態で臨めるように』と。6月に向けて最善の努力をして欲しいと伝えています。五郎丸にもです」

――全員が一度に集まる機会はないのか。

薫田 

「先ほど申し上げた通り、43名から30名程度に絞る。怪我の状態、ベテランがいきなり集合してテストマッチに向けたコンディション調整ができるのか…そこは、深く把握しきれていない。それを踏まえ、30人程度と発言しました。スーパーラグビーの第14節を終えて30名程度に絞った後、カナダへ行くツアーメンバーは25名となります。6月4日に30名程度が集合して、」

――今回の43名のうち、呼ばれることなく終わる選手もいるのか。

薫田

「います。ARCに数多くのメンバーが入っている。彼らのモチベーションを考えても、個々のコンディションをチェックしてから発表したいという考えもあります。今回、U20(6月にワールドラグビーU20チャンピオンシップがある)の資格のある選手という意味では、ARCでいいプレーをしていたテビタ・タタフ(はU20に専念)」

――確認ですが、リーチ選手と五郎丸選手はその「30名程度」に入らない可能性もありますか(※)。

薫田

「それはすべて、選手のコンディションです。第14節を終えてチェックします。選手は初めてハードなチャレンジをしていますので」

――リーチ選手の「休みたい」という発言も、把握していますか(※)。

薫田

「それはもう。彼とは毎日、話しています。実は今朝も話しました。『日本ラグビーに向けてベストを考えている』と、リーチは言っています」

――オリンピックのために外れる選手は。

薫田

「山田章仁もそうです。藤田慶和、福岡堅樹も2019年の可能性がある。個人的には羽野一志も。サイズもスピードもあって、キックも蹴れる」

――サンウルブズ組でもARC組でもイングランド組でもな選手について。

薫田 

「松田力也のポテンシャルは感じていて、サウマキもそうです。堀江恭佑はニュージーランドへ留学中で、5月下旬に帰国予定です。

一言、違う話ですが、スーパーラグビーでプレーする選手については、現地のコーチからのレポートも同時に進めてまいります。それを踏まえて、コンディションなどを把握していきたい」

――ジョセフHCが重視したこと。

薫田 

「プライオリティーは、『2015年のメンバーに4年後の可能性があるかを観てみたい』。

また、トンプソン ルーク、アイブス ジャスティンら外国出身選手は長年、プレーしてきた。代表資格は(国内居住が)36か月。今後、そういう選手を外す際、そこに入る日本人選手も観たい、と。それと並行して、鏡(保幸、以後紹介の2人が所属する大東文化大学の特別顧問)さんが何と仰るかはわかりませんが、ファカタヴァ兄弟(アマト、タラウ)をサンウルブズに入れる…。また、リアキ・モリも奥様は日本人…。そういう別の強化(海外出身選手の日本代表選出)もしていきたい」

――イングランド組のスクラムハーフ日和佐篤選手は外れましたが。

ハメット 

「日和佐は素晴らしい選手です。ただ、冒頭で申したように、昨年からワールドカップ、トップリーグ、スーパーラグビーというシーズンがあります。そして2019年に誰が戦うかを見極めないといけない。幸いにも、スクラムハーフの層が厚い。その選手たちが、テストマッチのレベルで戦えるかどうか、その見極めをするチャンスだと思っています。日和佐は、一息休ませる、という意味です。今後の日本代表にとって、日和佐選手の経験と能力は必要不可欠になると思っています。今回のメンバーに入っていないのを深読みせずにしていただきたいと思っています」

日本代表

カナダ代表戦、「リポビタンDチャレンジカップ2016」スコットランド代表戦スコッド

・( )内数字は身長、体重、年齢、キャップ数の順

・★=2015年ワールドカップイングランド大会日本代表スコッド

・●=2016年アジアラグビーチャンピオンシップ日本代表スコッド

・※=サンウルブズ登録スコッド

■FW:23名

【PR1】

稲垣 啓太(183/115/25/10)★※

三上 正貴(178/115/27/32)★※

【HO】

木津 武士(183/114/27/41)★※

堀江 翔太(180/105/30/42)★※

森  太志(175/103/27/2)●※

【PR3】

浅原 拓真(179/113/28/5)※

垣永真之介(180/114/25/6)※

具  智元(184/125/21/-)●※

畠山 健介(178/115/30/72)★

【LO】

伊藤 鐘史(191/100/35/36)★

宇佐美和彦(197/111/24/6)※

大野  均(192/106/38/96)★※

小瀧 尚弘(194/110/23/2)●

谷田部洸太郎(190/107/29/2)●

【FL/NO8】

安藤 泰洋(181/96/29/1)●※

金  正奎(177/93/24/1)●

ツイ ヘンドリック(189/107/28/36)★

細田 佳也(192/100/28/-)※

ホラニ龍コリニアシ(188/112/34/44)★

堀江 恭佑(184/110/25/2)

アマナキ・レレイ・マフィ(189/112/26/7)★

山本 浩輝(187/95/23/2)●

リーチ マイケル(190/105/27/47)★

■BK:20名

【SH】

内田 啓介(177/85/24/14)●

茂野 海人(170/75/25/-)※

田中 史朗(166/71/31/53)★

【SO】

小野 晃征(171/83/29/28)★

松田 力也(181/92/22/-)

山中 亮平(188/93/27/6)●※

【CTB12】

立川 理道(181/94/26/43)★※

田村  優(181/92/26/35)★※

中村 亮土(178/92/24/6)●

【CTB13】

マレ・サウ(183/97/29/26)★

パエア ミフィポセチ(178/108/28/-) ※

ティム・ベネット(185/90/25/2)●

松島 幸太朗(175/88/23/16)★

【WTB】

児玉健太郎(183/85/23/2)●

ホセア・サウマキ(187/100/23/-)

カーン・ヘスケス(178/98/30/14)★

山下  一(180/85/23/2)●※

【FB】

五郎丸 歩(185/99/30/57)★

笹倉 康誉(186/92/27/-)※

野口 竜司(177/80/20/2)●