かねてから、北朝鮮の金正恩党委員長は平壌市郊外や地方へ陸路で現地指導に行く際、高級SUVに乗っていることが知られていた。そしてこのほど、その車種が何であるかを特定する上で有力な手掛かりが示された。

提供してくれたのは他でもない、北朝鮮の公式メディアである。

自分の「ヘンな写真」も

朝鮮労働党機関紙の労働新聞と朝鮮中央通信は13日、正恩氏が朝鮮人民軍第810軍部隊傘下の第1116号農場を現地指導したと報じた。そして同時に公開された写真に、正恩氏が乗って来たと思しきSUVの車影が写っているのだ(下の写真)。

かなり小さく写ってはいるものの、車種の見当を付けることはできる。そのSUVとは、英ランドローバーの「レンジ・ローバー」である。

もちろん、これが正恩氏の愛車であるという証拠はない。ただ、日本国内のカタログ価格が廉価モデルで約1400万円、最高級モデルで約3000万円という高級車である。経済制裁が続く中、入手困難なSUVを、「走り屋」として知られる正恩氏が他の人間に渡すとは思えない。

(参考記事:金正恩氏のもう一つの顔は「深夜の走り屋」

ちなみに件の写真をよく見ると、SUVの背後にもう1台、背の高い白い車が写り込んでいる。

画像

こちらはメルセデス・ベンツの「スプリンター」と見られる。正恩氏をサポートする医療チームが乗っているのかも知れない。しかしそれにしても、最新兵器から自分の「ヘンな写真」まで気前よくホイホイ公開してしまう正恩氏だが、自分が乗っている車を知られて不安ではないのか。

(参考記事:金正恩氏が自分の“ヘンな写真”をせっせと公開するのはナゼなのか

米韓の軍部内には正恩氏に対する「斬首作戦」の推進論がある。実行するなら、正恩氏の「愛車情報」はこの上なく重要だからだ。

(参考記事:米軍が「金正恩斬首」部隊を韓国に送り込んだ

それともうひとつ、気になることがある。ある事情から普通の人と同じトイレを使えない正恩氏は、愛車に専用の装備を積んでいると言われる。もしかしたら彼の乗るSUVは、世界に1台だけの「トイレ機能付きレンジローバー」なのだろうか。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳