台風26号は14日正午、大型で非常に強い勢力で日本の南海上を北上しています。今日(14日)は台風の動きに大きな変化はありませんが、明日(15日)からは上空の偏西風に乗り、スピードアップする予想です。きょう(14日)は全国的な秋晴れ、台風が近づいているとは思えない穏やかな天気です。でも、明日の東京は一転して、くもりから雨模様、だんだんと雨足が強くなりそうです。

台風26号の進路予想

台風26号は現在、北寄りに進んでいますが、明日の午後からは次第に進路を東寄りに変えて、東日本に近づくでしょう。スピードが速くなるため、雨や風が急に強くなるおそれがあります。そして、16日(水)には関東地方にかなり接近し、房総半島をかすめるようなコースを進む予想です。もちろん、予想円の西側を通った場合は、上陸する可能性もあります。今の予想では、接近、上陸、いずれにしても首都圏への影響はとても大きいコースです。

首都圏への影響は?

東京の天気(15日~16日)
東京の天気(15日~16日)

上記の図では棒グラフが雨量の多さを示しています。また、上部の矢印は風向と風速で、青から赤に向かって強い風を示しています。

台風が関東地方に最も接近する時間帯は16日午前中です。東京は午前9時前後で、東京23区が暴風域に入る確率は50%以上と高くなっています。暴風域とは最大風速が25メートル以上の範囲のことで、瞬間的にはこの1.5倍から2倍の風が吹きます。まさに暴風が吹き荒れるので、交通機関は運転見合わせや運休、欠航などの大きな影響を受けるでしょう。

ただ、関東地方に近づく頃には台風のスピードが時速50キロ程度と速いため、風雨が激しい時間は数時間程度です。16日午後は強い風は残るものの、天気は急速に回復するため、交通機関へ大きな影響があるのは16日午前中と思っています。

東京は記録的な大雨も

1981年台風24号のコース
1981年台風24号のコース

これまでの話は現時点の、スーパーコンピュータによる天気予報です。一方、過去、似たようなコースをたどった台風によって、影響を考える方法もあります。例えば、今回の台風26号と似たようなコースをたどった台風に1981年台風24号があります。この台風24号は房総半島沖を北東へ進み、東京では一日で200ミリを超える記録的な大雨になりました。この台風で10月、1か月分の雨量がたった一日で降ったのです。

これから近づいてくる台風26号も、同じようになるとはいえませんが、少なくとも、まとまった雨になることは間違いないでしょう。そうでなくても、台風が近づけば近づくほど、風雨が激しくなりますから、今回の台風26号はやっかいな台風になりそうです。

【お願い】

この記事は14日12時現在の情報を元に書いています。台風情報は常に、最新のものをお使いください。

気象庁「台風情報」