KNNポール神田です!

Google Photos

https://photos.google.com/

2015/05/29にサービスが開始されたGoogle Photos Googleが開始したクラウド写真管理サービスだ。

容量無制限!さらに無料のクラウド写真管理サービス

一番の特徴は、1600万画素以下の写真であれば、容量無制限でアップロードできるというところだ。

動画も1080pのハイビジョン画質まで対応している。そして、なんといっても無料!ということだ。

必要なものは、Googleのアカウントのみ(gmailのアドレス)

AppStoreかGooglePlayからダウンロード。PCからもアップロードできる。

ダウンロードはこちらから

https://photos.google.com/apps

これでスマートフォンへの許可をするだけ。当然、膨大な写真やビデオのアップロードが始まるので、Wi-Fi環境で十分な時間がとれる時に行うこと。もうこれで、スマホの写真の容量を全く気にすることがなくなるのだ。

記憶に頼らず、検索ワードで写真を見る楽しみ

何よりも自分の持っている写真をGooglePhotosに預けることによって、何が変わるかというと、Googleの検索で自分のすべての写真にアクセスできることだ。

「カレー」で検索してみた
「カレー」で検索してみた

たとえば、自分はタグを一切打ち込んでいなくても、「カレー」で検索すると、自分の写真の中から、Googleの画像データベースが「カレー」と認識したものを検索して表示する。つまり、Googleはアップロードされた写真を一枚づつ画像分析しているのだ。それによって、いろんな検索が可能となることだろう。「うどん」でも「焼肉」でも検索できた(笑)あくまでも、そのように見えるものだ。Googleは画像検索サービスで膨大なデータベースを持っているが、このPhotosによって個人の公開されない写真においての膨大な知見も入手できるのだ。

「うどん」で検索
「うどん」で検索

そのうち、知人の名前や自分、場所やイベントなどによっての検索も可能となるだろう。つまり、自分の一生の間の、写真をあやふやな記憶でもカンタンに検索できることになる。これはもう、手放さないサービスになることだろう。

「焼肉」で検索「焼肉」に見えるものも表示された
「焼肉」で検索「焼肉」に見えるものも表示された

Googleは何の為に無料でPhotosを提供するのか?

AppleもMicrosoftもfacebookも写真サービスについては十二分に意欲的ではあるが、「容量無制限、完全無料」というサービスを実施できたのは、Googleが検索サービス屋であること以上に広告屋であることだからだ。

今回の「Google Photos」は「Gmail」以来の大発明と後の世界で評価されることだろう。

そう、写真管理の概念が、メール管理の概念が変わったように変化するのだ。

スマホの中に自分の一生分の写真や映像が管理できる。それに関連する広告が表示される。それは単なる広告で終わらず、いつ、どこで、誰が、どんな時に、それを検索されるかをGoogleは、さらに学習できるのだ。しかもウェブで公開されることのなかった非常にパーソナルな画像情報がメタデータ化され、データベース化できるのだ。

そこに必要な情報を「広告」として表示できる「メディア=媒体」をGoogleは作っている。無償で提供できるのはそんなカラクリがあるからだ。もちろん、Googleはセキュリティにも最新の注意を払っている。しかし、懸念されるのは個人側のセキュリティの意識だ。Google Photosの入っているスマホを落としてしまったり、まちがって、ヤバイ写真をシェアしてしまったりの、個人のうっかりを、どこまでGoogleが未然に防げるかということにも、今度は貢献してほしい気もする。