COLOR LIFE 5 WATERPROOFは全部で8色が揃う
COLOR LIFE 5 WATERPROOFは全部で8色が揃う

ソフトバンクモバイルは5月22日、ガラケー新モデル2機種を発売すると発表した。

ソフトバンクモバイルは5月19日に夏商戦向けモデル新商品・新サービスを開催したばかり。その際にはガラケーは発表されず、しかも、同社の宮内謙社長が「ガラケーはいらない」と宣言したばかり。わずか3日でガラケーの新製品が出ることとなった。

今回、発表となったのはパナソニックモバイルコミュニケーションズ製「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」とZTE製「かんたん携帯8」の2モデル。いずれも、プラットフォームにAndroidを採用した「ガラホ」ではなく、従来と変わらないガラケーになる。

COLOR LIFE 5 WATERPROOFは3.4インチの大画面を採用し、大きな文字で見やすいのが特長だ。よく使う機能やよく通話する相手をワンタッチで押して使える「マルチワンタッチボタン」を採用しているのが特長となる。また、本体背面にはサブディスプレイがあり、時計や着信相手がすぐに確認できる。5月29日に発売の予定。

かんたん携帯8は3色から選べる
かんたん携帯8は3色から選べる

かんたん携帯8は従来モデルよりもバッテリー容量を増大し、1週間という電池持ちを実現。デカ文字、デカボタンの採用により、シニア層でも使いやすいのがポイントだ。背面には大きなカラーのサブ液晶を備え、こちらも見やすくなっている。

また、画面下にワンタッチボタンが5つあり、家族などへの連絡がしやすいのも特長と言える。こちらは6月以降の発売となる。

「ガラケーは不要」と語った宮内謙社長
「ガラケーは不要」と語った宮内謙社長

5月19日にソフトバンクモバイルでは新製品発表会を行ったが、その際にはガラケーの発表は見送られた。

さらに宮内社長が「今後も製品を発売はしていくが、ガラケー、ガラホは最終的には必要無いのではないか。写真をメールできて、音楽が聴けたり、どう考えてもガラケーよりもスマホのほうが優れている。ガラケーやガラホを宣伝したいとは全然思っていない」と明言。ソフトバンクのガラケーユーザーに衝撃が走った。

「ソフトバンクからガラケーはもう出ないのか」というユーザーからの不安や嘆きが聞こえてきそうだったが、今回、新製品を発表したことで、当面は一安心といったところだろうか。