Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

研究と子育てを両立する人文・社会科学分野の研究者を支援「スミセイ女性研究者奨励賞」──日本の未来を切り開く女性たち

提供:住友生命保険相互会社

最終更新:

住友生命保険相互会社が、2007年から取り組んでいる支援事業「未来を強くする子育てプロジェクト」。各地域の子育て環境づくりに取り組む個人や団体に対する「子育て支援活動の表彰」と、育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者に向けた「女性研究者への支援」という2つの公募事業を柱にしている。

「スミセイ女性研究者奨励賞」は、本プロジェクトの柱の一つである「女性研究者への支援」の一環で行われている助成事業。自然科学分野に比べ、まだまだ支援が少ないと言われている人文・社会科学分野の研究を対象としており、助成金を子育てに関わるものにも活用できることが大きな特色で、毎年10名程度の女性研究者を表彰し、2年間の継続助成を行っている。

本賞の選考委員長を務める汐見稔幸氏は、次のように話す。

「これまで誰もしてこなかったことに挑む。それが研究者の使命ですが、言葉でいうほど簡単ではありません。しかし、簡単には成果の出ないテーマや社会が抱える難題に対し、強い決意を持って挑んでいる研究者たちが大勢います。本賞に応募してくださる女性研究者の皆さんもその一人です」

本賞の選考委員長 汐見稔幸氏

「毎年思うのは、変化の激しい時代においては、女性の方が新しい観点や意見を受け入れ、柔軟に対応できるのではないかということです。今年度応募していただいた皆さんの研究内容を見ても、この国の学問や学問を基礎とした産業は、女性たちの情熱的で堅実な研究によって支えられる日が来るのではないかと思うほど充実したものばかりでした。今回応募してくださったような女性たちが活躍できる社会にしていくことが、学問、ひいては日本の持続的な発展にもつながるはずです」

時代の流れに柔軟に対応しながら、社会の課題に挑み続ける女性研究者たち。子育てをしているからこそ得られた新たな視点や、研究を通して未来に残したいものとは? 今回の受賞者を集めたオンライン合同座談会を開催し、彼女たちの熱い想いを聞いた。

オンライン合同座談会の様子

子育てをしながら新たな価値を創造し、社会への貢献を目指す女性研究者を表彰

2020年で14回目を迎えた「スミセイ女性研究者奨励賞」。全国から多数の応募があった中、次の10名が選ばれた。

粟谷しのぶさん|東京大学大学院法学政治学研究科

「誰もが自分のやりたい道を突き進み、活躍し、認められる社会を」

粟谷さんは、弁護士として働く傍ら、人の生命や身体、環境を脅かす食品安全リスクを制御する行政法の役割についての研究を行っている。

「"女性"研究者と呼ばれることには違和感がある」と粟谷さんは話す。「子育てをして感じたのは、自分と子どもですら違う人間であるということ。世の中には誰一人同じ人はいません。女性だからこそ見える視点ももちろんあると思います。でも、"女性"だからというのではなく、誰もがやりたいことを精一杯やり、それぞれの視点で社会に還元できることが大事なのだと思います」

子育てと研究を抱えた研究者に向けては「自分が何かに打ち込む姿を見せることが子どもにもプラスになると信じています。誰もが活躍し、認められる社会を目指していきましょう」とメッセージを送り、自らもその社会を創る一翼を担いたいと語った。

一原雅子さん|京都大学大学院地球環境学舎

「未来を生きる世代が安定した地球環境の中で暮らせるように」

一原さんは現在、気候変動訴訟に関する研究に挑んでいる。気候変動訴訟は21世紀初頭頃より急増し始め、日本でも4件の石炭火力発電所操業・新設差止訴訟が継続中だ。

「未来を生きる世代が、安定した地球環境の中で暮らせるようにという想いが、研究のモチベーションを生み出し続けています」と一原さん。

子育てと研究の両立については、「まとまった研究時間を確保しにくい反面、いったん研究から離れる時間が生まれ、自分の考えを俯瞰的に見て検証できるようになりました」と話し、何事もポジティブに捉えようという姿勢がとても印象的だった。

子育てを経験した女性研究者の強みについては、次のように語る。「社会は多様な背景を持つ人々で成り立っています。子育ての経験で得られた、今までとは違った立場からの意見やものの見方を研究に持ち込むことは、未来を強くすることにつながるはずです」

大石茜さん|筑波大学大学院人文社会科学研究科

「子どもが生まれ、研究に対して新たなアプローチができるようになった」

戦後の日本における集団保育をテーマに、母親像や子育て観の変遷を研究している大石さんは、次のように話す。「これまでは、当時の生活や制度、保育施設の設立状況に関する資料にのみ目を向けていましたが、子どもが生まれたことで、母親たちの想いにフォーカスした形で歴史の変遷をたどるといった新たなアプローチができるようになりました」

子育てと研究の両立に挑む研究者に向けては、「子育ても研究も一人でするものではなく、皆で支え合っていくことが大事だと思います。自分が大変だと思っていることを発信していくと、今回の住友生命さんのように誰かが手を差し伸べてくれるはずです。決して一人で抱え込まず、一緒に頑張っていきましょう」とメッセージを送った。

坂口恵莉さん|大阪大学人間科学研究科

「それぞれの状況を生きた経験の中から見えてくる観点があると実感」

坂口さんが取り組むのは、2011年に国内で発生した原発災害に関する研究だ。

今、目の前に生きる人間と真剣に向き合うことの重要性を再認識したという坂口さん。「どんな論文を書いて発表しても、目の前にいる子どもや家族の存在を大事にできていないのであれば、その書き手の論文にはどれだけの価値があるのだろうか」と常に自問自答し、より自分の研究や生き方に責任感を持つようになったそうだ。

また、「それぞれの状況を生きた経験の中から見えてくる観点があると思っています。世の中を生きる様々な人の経験から得られる知見を受容する社会であって欲しいと願いますし、受容の過程と先にはより豊かな社会の姿があると信じています」と未来への希望を語った。

佐々木加奈子さん|東北大学情報科学研究科

「コロナ禍をチャンスと捉え、誰もが活躍できる場を増やすことにつなげていきたい」

佐々木さんは、対面では認識できない病や精神疾患の患者など「語りづらさ」を抱えた人たちが、自由に自己表現できる「場」を生み出すことを目指している。

自身も大きな病を抱えていたことがあるという佐々木さん。「患者への深い理解を提案し、患者の皆さんが社会への一歩を踏み出すきっかけを作りたい。また、どんな境遇でも諦めずに研究を続ける姿勢を持ち続けることで、次の研究者たちにも希望を与えられれば」と語った。

今後の社会に期待することについては、次のように話す。「コロナ禍で価値観が一変し、いろいろな形で成果を発揮できる場が増えるのではないかと思っています。これをチャンスと捉え、子育て中の女性でも対等に力を発揮できる場を増やすことにつなげていきたいです」

下田麻里子さん|早稲田大学文学研究科

「どんな生き方の選択をしても研究は続けられるということを積極的に伝えていきたい」

15世紀~17世紀のカンボジアの都市構造や遺跡の研究を行う下田さん。カンボジアに赴き、文化財保護を担う人材育成の活動も行っており、「子育てを通じて、子どもたちとの接し方、興味の持たせ方を学べたこともあり、文化財教育を行ううえで大きな強みになっている」と話してくれた。

「自分が好きなことに打ち込み、常に新しいことを探求する姿を見せることは、子どもたちにも良い影響を与えると思っています」と下田さん。今後の目標については、「どんな生き方の選択をしても研究は続けられるということを自ら積極的に伝えていきたいです。多様なバックグラウンドを持った人が研究の世界で活躍することこそ、研究成果をより社会に広く還元できる鍵になると思っています」と語った。

土屋裕子さん|立教大学法学部兼任講師

「子育てを通じて、様々な価値観に触れる機会に恵まれました」

「近年、AIが導入されるなど、医療技術が目まぐるしい進歩を続ける医療技術が、倫理的にはどこまで許されるのかを問うことが研究の意義です」と話すのは、生命倫理分野の研究を行う土屋さん。

「子どもと接していると、自分が当然と思っていることに対して"なんで?"と聞かれることがあります。何の疑問もなく受け入れてきたことについて、改めて妥当性を問うという、研究者として非常に重要な姿勢を思い出させてもらいました」と話す。

「多様な価値観があってこそ、既存の価値観を打ち破る斬新な考えが生まれ、学問の進展にもつながると思っています。子育てを通じて、広く社会とつながり、様々な価値観に触れる機会にも恵まれました」とも付け加え、子育てを経験した研究者が活躍できる社会への希望をのぞかせた。

寺澤優さん|立命館大学衣笠総合研究機構

「遥か先の未来までを考慮し、責任を持って行動すべきだと考えるように」

「妊娠・出産・育児の経験をしたことで、性売買についてだけではなく、生殖や女性の労働史などにも目を向け、幅広い研究視野を持てるようになりました」と話す寺澤さん。戦前の日本における性風俗産業についての研究を行っている。

「社会を良くするために過去の歴史から学ぶことが、歴史研究の意義の一つです。しかし、より良い"現代社会"をつくることだけを優先して"未来"を犠牲にしてしまっては意味がありません。自分の子どもたちが生きていく30年、40年より先の未来までを考慮し、責任を持って行動すべきだと考えるようになったのは、育児を経験したからこそです。男女問わず、育児経験のある人が研究領域で活躍することは、学問の発展にもつながるはずです」と語った。

中村恵理さん|慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科/独立行政法人国際協力機構(JICA)

「研究成果の今まで以上の活用に向けて、実務と研究の架け橋となる存在を目指す」

「難民の経済活動の研究を行うことで、彼らの環境を変えるきっかけになれば」と話すのは、独立行政法人国際協力機構(JICA)で紛争地域の復興支援にも携わってきた経歴を持つ中村さん。

時には、子どもたちと長期間離れてフィールドに向かわざるを得ないこともあり、研究を続けることには常に葛藤があると話す。しかし今回の受賞を受け、「子育てをしながらでも研究や実務を続けることは間違っていなかったのだと背中を押していただいた」と笑顔を見せた。

中村さんは、将来的には実務に戻ることを希望している。「実務と研究の世界、それぞれで得られる知識を相互に還元することは、社会課題を早期解決に導くことにもつながるはず」と話し、両者の架け橋となる存在を目指すと語った。

望月美希さん|独立行政法人日本学術振興会特別研究員PD

「女性が働きやすい研究環境を整えることにも貢献したい」

望月さんの研究テーマは、東日本大震災による被災者の生活復興と支援だ。以前は地域の人口の多くを占める高齢者の支援が主なテーマであったが、母親になったことで、社会にいる様々な立場の人の生活に関心を持つようになり、研究の幅が広がったという。

「現状では、子育てか研究かという二者択一を迫られる場面もあるのが正直なところです。でも、本来子育ては女性だけが頑張るものではないはず。女性だけがキャリアを諦めることのない環境をつくっていくためにも、私はどんどん声を挙げていきたいと思っています」と望月さん。

今後のビジョンについては、研究者として社会に貢献することはもちろん、「女性が働きやすい研究環境を整えることにも貢献したい」とも話してくれた。