お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索
  • すべて(84)
  • 記事(84)
  • 写真(0)
  • 映像(0)
  • 雑誌(0)
  • 個人(0)

アフィリエイト、2020年に3,500億円まで拡大予想 副業としても認知、「今後利用してみたい」33%

アフィリエイト、2020年に3,500億円まで拡大予想 副業としても認知、「今後利用してみたい」33%

矢野経済研究所はアフィリエイトサービス事業者やポイントサイト事業者などを対象に、アフィリエイト市場に関する調査を実施し、その結果を12月13日に発表した。調査期間は6月から10月にかけて。 アフィリ…

2016年12月24日(土) 18時0分-経済総合(MONEYzine

2017年の景気見通し、企業の31.1%「分からない」 不透明感が高まる

内閣府が12月12日に発表した10月の機械受注統計によると、10月の機械受注総額は、前月比3.3%増の2兆1,486億円で2カ月連続で増加した。需要者別では民需が同1.2%増の9,842億円、官公需…

2016年12月24日(土) 14時0分-経済総合(MONEYzine

「IoT」で知らせるトイレの空き状況 各社続々と新サービスを開発中

外出先やオフィスなどで空いていないと困るのがトイレの個室。そこで、インターネットを介することで生活の利便性向上を図る「IoT/アイオーティー(Internet of Things)」を活用する動きが…

2016年12月18日(日) 14時0分-経済総合(MONEYzine

利用シーンが増える「炭酸水」 小ぶりな1缶や水栓、炭酸注入器など関連商品続々

利用シーンが増える「炭酸水」 小ぶりな1缶や水栓、炭酸注入器など関連商品続々

このところ「炭酸水」が注目を集めている。かつてのアルコールを楽しむ席だけではなく、健康や美容効果なども期待できると、直接飲んだり、調理に使ったりと利用シーンが広がっている。そんな炭酸水需要の中で、消…

2016年12月18日(日) 8時0分-経済総合(MONEYzine

投資用不動産、物件価格が下落トレンド入りか 投資におすすめはファミリー向け新築マンション

投資用不動産、物件価格が下落トレンド入りか 投資におすすめはファミリー向け新築マンション

株式会社ファーストロジックが12月5日に発表した「投資用 市場動向データ 最新版2016年11月期分」によると、投資用不動産の価格が下落トレンド入りした可能性がありそうだ。 同社が運営する不動産投資…

2016年12月17日(土) 22時0分-経済総合(MONEYzine

マイカー維持費、1万3,600円で過去最安水準 燃料安や燃費向上などが影響

マイカー維持費、1万3,600円で過去最安水準 燃料安や燃費向上などが影響

日本自動車販売協会連合会が12月1日に発表した「11月の新車販売台数」によると、11月の普通乗用車の販売台数は前年同月比15.4%増の11万7,285台、小型乗用車の販売台数は同17.0%増の11万…

2016年12月17日(土) 18時0分-経済総合(MONEYzine

クリスマスプレゼント、中高年女性の予算は減少 一方、独身女性は「高価なプレゼントが欲しい」

クリスマスプレゼント、中高年女性の予算は減少 一方、独身女性は「高価なプレゼントが欲しい」

株式会社DoCLASSEは、同社のカタログ会員になっている40代から60代の女性1,042名を対象に「2016年クリスマスに関する意識調査」を実施し、その結果を12月7日に発表した。調査期間は11月…

2016年12月17日(土) 14時0分-経済総合(MONEYzine

プロ仕様の防水関連アイテム、 ガーデニングや家庭菜園などにも活躍

プロ仕様の防水関連アイテム、 ガーデニングや家庭菜園などにも活躍

水と関わりの深い仕事の従事者向けに開発された商品は、やはりそれなりの工夫があり、使い勝手もひと味違う。そんなプロユース商品の機能性や快適さは、雨も降れば、水やりもあるガーデニングや家庭菜園が趣味の人…

2016年12月11日(日) 14時0分-経済総合(MONEYzine

ギフトに喜ばれる「どら焼き」あれこれ 生産量世界一や大福帳柄、成金饅頭など

夏と並んで冬はギフトの季節。ただ最近は、お歳暮と形式張ったスタイルから、ライトな感覚のギフトが増えている。とはいえ、いざ人に贈るとなれば商品選びは意外と難しい。そこで誰からも好まれて、縁起が良い和菓…

2016年12月11日(日) 8時0分-経済総合(MONEYzine

働く主婦の壁、配偶者控除「見直すべき」46.7% 「上限引き上げ」「夫婦控除」など意見さまざま

主婦には税金や社会保険の面でさまざまな壁があり、働く際の障害になっているケースが多い。その1つが「103万円の壁」だ。年収が103万円を超えると所得税が課税されるほか、配偶者控除の対象からも外れるた…

2016年12月10日(土) 22時0分-経済総合(MONEYzine