お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索
カテゴリを絞り込んで検索しています。すべてのカテゴリを対象にして再検索

フジ、「朝日の誤字」報道で誤テロップ 「新日新聞」表記で「ジョークか?」

フジ、「朝日の誤字」報道で誤テロップ 「新日新聞」表記で「ジョークか?」

朝日新聞と書くべきところを「新日新聞」――。情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)のテロップ表記に、そんなミスが生じた。 これは、朝日新聞の公式ツイッターで「誤字」があったことを伝えるニュースの…

2月13日(火) 14時57分-社会(J-CASTニュース

金正恩氏、妹・与正氏の訪韓報告に「満足」 「腕組み写真」で親密アピール

金正恩氏、妹・与正氏の訪韓報告に「満足」 「腕組み写真」で親密アピール

平昌五輪開幕に合わせて韓国を訪問していた北朝鮮の高官級代表団が2018年2月11日、北朝鮮に戻った。翌12日には訪韓の様子を朝鮮労働党の金正恩委員長に報告し、国営メディアはその様子を13日に写真つき…

2月13日(火) 13時35分-社会(J-CASTニュース

平昌五輪の警備が開会式から不安だらけ 不審者2度も乱入、南北合同チーム試合会場にも姿

平昌五輪の警備が開会式から不安だらけ 不審者2度も乱入、南北合同チーム試合会場にも姿

冬の祭典、平昌五輪が2018年2月9日に開会式を迎え、17日間の熱戦がスタートした。 しかし、開幕セレモニーの最中に不審者が乱入する等、会場の警備については不安を抱えたままとなっている。■「もっと物…

2月12日(月) 14時33分-社会(J-CASTニュース

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち  大統領就任1年でも変わらない支持の中身

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち   大統領就任1年でも変わらない支持の中身

2017年1月20日、私はトランプ氏を支持する知り合いのロブ(60代)の家で、大統領就任式をテレビで一緒に見た。 2018年に入って、ロブの家に夕食に招かれた。食事が終わり、雑談をしていた時、「あれ…

2月12日(月) 14時16分-社会(J-CASTニュース

「朝日らしい惨めな言い訳」「哀れですね」 安倍首相、森友記事にFBでコメント

「朝日らしい惨めな言い訳」「哀れですね」 安倍首相、森友記事にFBでコメント

「朝日らしい惨めな言い訳」――。安倍晋三首相がフェイスブックで、朝日新聞の学校法人「森友学園」をめぐる報道の検証記事に、こんなコメントを残したことが、インターネット掲示板などで話題になっている。 朝…

2月11日(日) 14時47分-社会(J-CASTニュース

「Nスぺ」は売れっ子のノンフィクション作家 文春、新潮、講談社などから番組の書籍化続く

「Nスぺ」は売れっ子のノンフィクション作家 文春、新潮、講談社などから番組の書籍化続く

「著者 NHKスペシャル取材班」という本が目立っている。文藝春秋、新潮社、講談社など大手の出版社から次々と単行本や新書が出ている。かつては年に数冊だったが、近年急増しており、この1、2年は年間15冊…

2月11日(日) 11時0分-社会(J-CASTニュース

両陛下はなぜ「水俣病胎児性患者」と面会したか 故・石牟礼道子さんと美智子皇后の「秘話」

両陛下はなぜ「水俣病胎児性患者」と面会したか 故・石牟礼道子さんと美智子皇后の「秘話」

2018年2月10日に亡くなった石牟礼道子さんは、水俣病に関心を持つ多くの人と深く交流した。美智子皇后もその一人だった。 天皇・皇后両陛下が水俣に行ったとき、極秘裏に胎児性患者と面会したことがあるが…

2月10日(土) 16時30分-社会(J-CASTニュース

石牟礼道子さん死去、90歳 文学で水俣病を告発し続ける

石牟礼道子さん死去、90歳 文学で水俣病を告発し続ける

水俣病をテーマにした作品で知られ、患者の救済にも力を尽くした作家の石牟礼道子さんが2018年2月10日、パーキンソン病による急性憎悪のため亡くなった。90歳だった。同日、複数のメディアが報じた。 晩…

2月10日(土) 11時32分-社会(J-CASTニュース

「(若い男性の)優先席使用に腹が立った」 刺傷事件に「怖い」「呆れる」――背景に「譲る」意識の低下も

「(若い男性の)優先席使用に腹が立った」 刺傷事件に「怖い」「呆れる」――背景に「譲る」意識の低下も

大阪市内のJR駅構内で30代男性の腹を刺した容疑者の男(62)が、動機について「(男性が)以前から優先席に座っていて腹が立った」と供述した。 こんな報道が流れると、ツイッターには「怖い」「呆れる」と…

2月10日(土) 11時0分-社会(J-CASTニュース

「逆チョコ」はどこに消えた? バレンタイン商戦、今年は「ご褒美」だけど...

「逆チョコ」はどこに消えた? バレンタイン商戦、今年は「ご褒美」だけど...

2月14日はバレンタインデーだ。お菓子業界にとっては一大商機、この日に向けメーカー各社は、さまざまなキャンペーンを打ち出している。 2018年は「ご褒美チョコ(セルフチョコ)」が猛プッシュ中だが、過…

2月10日(土) 9時0分-社会(J-CASTニュース