躊躇なく『現状維持』&『三原則』で読み解くetc=機動防御としてのあいまいな時間軸有料

躊躇なく『現状維持』&『三原則』で読み解くetc=機動防御としてのあいまいな時間軸

日銀が新たに導入した「フォワードガイダンス(時間軸)」はあいまいだが、恣意的にそうしたと考えられる。固定陣地の塹壕戦ではなく、「機動防御」の観点で考察してみたい。状況次第では正常化も可能だ。

2019年11月4日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

黒田節の意味&水害考察の続きetc=なおも散見される誤解や勘違い有料

黒田節の意味&水害考察の続きetc=なおも散見される誤解や勘違い

台風19号で首都圏は外郭放水路が機能したとされる。調整池の拡充のほか、スーパー堤防の必要性も認識された。問題は、建設コストが膨大に上ることだが、国債市場は数兆円、数十兆円でもOKだ。

2019年10月21日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

日銀が国債の利回りを操作しようとしている理由

日銀が国債の利回りを操作しようとしている理由

…っています。」  2016年9月の日銀による「総括的な検証」に対しては、リフレ政策が効かなかったことの言い訳が羅列されているだけとみていて、個人的には…

2019年10月5日(土) 11時0分-経済総合(久保田博幸)

『経済学はどのように世界を歪めたのか 経済ポピュリズムの時代』を書いた SMBC日興証券 チーフ金利ストラテジスト 森田長太郎氏に聞く有料

『経済学はどのように世界を歪めたのか 経済ポピュリズムの時代』を書いた SMBC日興証券 チーフ金利ストラテジスト 森田長太郎氏に聞く

…<2019年10月12日号> 経済ポピュリズムとしての歯止めなき金融緩和に疑問何年やっても効果が出ない金融政策。その原因は主流派経済学にあるのではないか──。市場サイドからの弾劾に経済学者はどう応える…

2019年10月4日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

日銀はイールドカーブをコントロールできるのか 牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年10月4日有料

日銀はイールドカーブをコントロールできるのか 牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年10月4日

…この日銀の動きの背景は何なのか。追加利下げとして短期の政策金利の引き下げの可能性があるが、その副作用を考慮してイールドカーブのスティープニングを意図したものとの見方が最も素直かもしれない。

2019年10月4日(金) 10時55分-経済総合(久保田博幸)

日銀は逃げ切れるか&保険としての利下げetc=米国版・預保“ブタ積み”とFRB有料

日銀は逃げ切れるか&保険としての利下げetc=米国版・預保“ブタ積み”とFRB

米短期金融市場でFF金利が急騰し、NY連銀が大量の資金供給を余儀なくされた。前号で預金保険機構の“ブタ積み”事件を紹介したが、それと似た構図が米国で再現され、“ブタ積み”の岩盤にぶち当たった。

2019年9月23日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

日銀は逃げ切りへ&ECBの電撃敗戦etc=預保“ブタ積み”事件とリブラ協会有料

日銀は逃げ切りへ&ECBの電撃敗戦etc=預保“ブタ積み”事件とリブラ協会

預金保険機構とリブラ協会は何の関係もないが、みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト、唐鎌大輔氏の論評に触発され、両者の接点になり得る“事件”を紹介したい。

2019年9月16日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

米経済は良好?&ダドリーの超ド雁論etc=マイナス金利と“減る預金”有料

米経済は良好?&ダドリーの超ド雁論etc=マイナス金利と“減る預金”

…日銀の鈴木人司審議委員が講演で預金金利のマイナス化に言及した。金融機関にとっては長年の課題であった預金サービスの適正化につながるチャンスだ。預金者から適正な対価を取るべきであろう。

2019年9月9日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

独り相撲の様相を強める日銀の金融緩和 はしごを外された日銀の苦境有料

独り相撲の様相を強める日銀の金融緩和 はしごを外された日銀の苦境

…<2019年9月14日号> 7月末の金融政策決定会合で、日本銀行は金融市場調節方針に「物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれるおそれが高まる場合には、躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じる」との一文…

2019年9月6日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

そして『超円高の秋』?&郵政の存在意義etc=預金保険料の在り方有料

そして『超円高の秋』?&郵政の存在意義etc=預金保険料の在り方

保険商品の不適切販売をめぐり、金融庁が9月中旬にもかんぽ生命保険と日本郵便に立ち入り検査に入る、と報じられた。民営化の副作用が不幸な形で露呈した格好であり、改めて郵政事業の存在意義を考察してみたい。

2019年9月2日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)