コロナ禍でもネット婚活した女性と、何もしない女性。2人にどんな差が…?

コロナ禍でもネット婚活した女性と、何もしない女性。2人にどんな差が…?

…色してあります。<取材・文/菊乃>【菊乃】恋愛・婚活コンサルタント、コラムニスト。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、…

5月27日(水) 15時48分-ライフ総合(女子SPA!)

山田美保子さん、著名人の誹謗中傷は「テレビもやっている」との意見に反論…「私は顔出してしゃべって、すべて署名記事。無記名でいわゆる無法地帯のSNSとは違う」

山田美保子さん、著名人の誹謗中傷は「テレビもやっている」との意見に反論…「私は顔出してしゃべって、すべて署名記事。無記名でいわゆる無法地帯のSNSとは違う」

…にするため、制度改正を検討する考えを示したことを伝えた。 スタジオでコラムニストの山田美保子さんは、今回の問題に「芸能人の誹謗中傷は大昔からあるにはあ…

5月27日(水) 13時9分-エンタメ総合(スポーツ報知)

坂上忍が「手越ガールズ」「キャバクラ手越」のフレーズに食いつく…「なんですか?これ」

坂上忍が「手越ガールズ」「キャバクラ手越」のフレーズに食いつく…「なんですか?これ」

…うフレーズが出ると、坂上は「なんですか?これ」と困惑気味。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが「手越くんの電話1本で集まっている女性が何十人もいら…

5月27日(水) 12時49分-エンタメ総合(中日スポーツ)

山田美保子さん、活動自粛処分の手越祐也が「イッテQ」で海外の占い師から「社会のルールに違反してしまう可能性もある」と予言されていたことを明かす

山田美保子さん、活動自粛処分の手越祐也が「イッテQ」で海外の占い師から「社会のルールに違反してしまう可能性もある」と予言されていたことを明かす

…」(日曜・後7時58分)は「出演を見合わせる」としている。スタジオでコラムニストの山田美保子さんは「『イッテQ』に関しては、実は今年の2月に毎年恒例の…

5月27日(水) 12時41分-エンタメ総合(スポーツ報知)

山田美保子さん、活動自粛処分の手越祐也は「電話一本で集まってくる女性が何十人もいたそうなんです」

山田美保子さん、活動自粛処分の手越祐也は「電話一本で集まってくる女性が何十人もいたそうなんです」

…並べた。自粛期間は設けず、無期限という重い処分を科した。 スタジオでコラムニストの山田美保子さんは、手越が今回、共に飲んでいた女性を「お気に入りの女性…

5月27日(水) 12時28分-エンタメ総合(スポーツ報知)

山田美保子さん、活動自粛処分の手越祐也に「一般の方、芸能人も含めて女性スキャンダルが本当に多かった」

山田美保子さん、活動自粛処分の手越祐也に「一般の方、芸能人も含めて女性スキャンダルが本当に多かった」

…並べた。自粛期間は設けず、無期限という重い処分を科した。 スタジオでコラムニストの山田美保子さんは手越の人柄を「素顔は、人なつっこいし、裏表もないし、…

5月27日(水) 12時14分-エンタメ総合(スポーツ報知)

コロナ相場の投資で大損しないために、絶対に避けるべき「お金の3密」とは

コロナ相場の投資で大損しないために、絶対に避けるべき「お金の3密」とは

…新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3つの密を避けるよう推奨されています。コラムニストの大江英樹さんは、これはそのまま、自分の大事な資産を守るために必要な態…

5月27日(水) 11時16分-経済総合(プレジデントオンライン)

コロナ禍で大変身!唯一の生クイズ番組となった『東大王』の功績

コロナ禍で大変身!唯一の生クイズ番組となった『東大王』の功績

…い切ったリニューアルを仕掛ける番組が現れるかもしれない。文:木村隆志コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。ウェブを中心に月20本…

5月27日(水) 10時2分-エンタメ総合(FRIDAY)

自国民に最低評価をされた安倍氏の新型コロナ対応「安倍氏に最悪の事態が訪れているかも」米メディア

自国民に最低評価をされた安倍氏の新型コロナ対応「安倍氏に最悪の事態が訪れているかも」米メディア

…いるトランプ氏と生前犬猿の仲だった故ジョン・マケイン上院議員の長女でコラムニストのメーガン・マケインさんがリツイートしたプールの動画。メーガンさんは「…

5月27日(水) 9時33分-国際総合(飯塚真紀子)

峯村健司/《米中コロナ戦争》CIAと武漢病毒研究所の暗闘〈習近平はなぜ絶体絶命のピンチを切り抜けたか〉――文藝春秋特選記事【全文公開】有料

峯村健司/《米中コロナ戦争》CIAと武漢病毒研究所の暗闘〈習近平はなぜ絶体絶命のピンチを切り抜けたか〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

新型コロナウイルスを巡り、米国大統領、ドナルド・トランプの中国批判が止まらない。「中国国内で食い止められた可能性もあったが、実際はそうならなかった。ミスにより収拾がつかなくなってしまったのか、意図的…

5月27日(水) 6時0分-国際総合(文春オンライン)