(多事奏論)感性に突っ込む政治 「なれなれしい顔」接近中 高橋純子有料

今月初旬、新幹線に乗ったり降りたりで計4回、読者の方々と直接触れ合う機会を得た。ありがたい激励。耳の痛い苦言。いずれも相当な熱と若干の湿り気を帯びていて、この社会を、政治を、なんとかしたいとの思いが…

6月19日(水) 11時30分-社会(朝日新聞デジタル)

2017年の問題としての朝日新聞社阪神支局襲撃事件

2017年の問題としての朝日新聞社阪神支局襲撃事件

…※ 2017年5月3日13時~17時まで、池上彰さん、高橋源一郎さん、高橋純子さん、高橋大作さん、西田を中心に、改めてこの問題を考えるシンポジウムが行…

2017年5月3日(水) 10時20分-社会(西田亮介)

朝日新聞長谷部恭男氏インタビューはどうすべきだったのか

… 頭の悪いマスコミが戦争への道を開く この記事にクレジットされている高橋純子氏については、あえて逆張りで取材相手の対極のペルソナを演じている高度なイ…

2013年12月21日(土) 20時6分-社会(ふじい りょう)

「世界政府派」に国連支配権が移ったいま、民主党、社民党など野党は古い、解党し新党結成の道しかない有料

「今の政治に足りないのは物語を描き、語る力と、それを信じる力ではないでしょうか。みんなが求めているのはたぶん、子ども手当をいくら出しますみたいなことじゃない。数字じゃなくて、こういう社会をみんなでつ…

2013年9月4日(水) 2時37分-政治(板垣 英憲)