公務員の定年延長に欠けている議論

…のか。いい機会なのでまとめておきましょう。 終身雇用なので“定年”という人為的ゴールが必要 日本は終身雇用制度という仕組みが存在し、一度正社員として雇…

2019年1月28日(月) 10時49分-政治(城繁幸)

平成の30年で失われたものとは

平成の30年で失われたものとは

…  日本での雇用体系の変化も賃金の上昇を妨げる格好となった。年功序列や終身雇用という体制が崩れてきた。また、パソコンの登場によって労働を取り巻く環境も…

2019年1月25日(金) 9時42分-経済総合(久保田博幸)

「平成の30年で失われたものとは」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年1月24日有料

「平成の30年で失われたものとは」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年1月24日

…平成の30年で失われたものは物価や地価、金利、株価といったものが挙げられるが、日本経済を引っ張ってきた企業そのものの衰退も挙げられるのではなかろうか。

2019年1月24日(木) 11時2分-経済総合(久保田博幸)

【濱口桂一郎×倉重公太朗】「労働法の未来」第4回(これからの高年齢者雇用)

【濱口桂一郎×倉重公太朗】「労働法の未来」第4回(これからの高年齢者雇用)

…ています。 倉重:やはり、新卒から定年後まで1社での終身雇用ではなくて、社会全体としての終身雇用であれば、いいのではないかと思います。しかし、現状の高…

2019年1月23日(水) 6時0分-社会(倉重公太朗)

毎勤統計問題&長井氏の指摘etc=『日はまた昇らなかった』のが不満?有料

毎勤統計問題&長井氏の指摘etc=『日はまた昇らなかった』のが不満?

英経済誌エコノミストの元編集長、ビル・エモット氏が日経・経済教室で平成の日本を「防げたはずの嘆かわしい20年」と論じている。「日はまた昇る」と日本を期待したエモット氏の論陣を考察してみたい。

2019年1月14日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

「自給率5%のエビを捨てるなんて!」安く売買しすぐ捨てる日本への提言 マシンガンズ滝沢さん語る(下)

「自給率5%のエビを捨てるなんて!」安く売買しすぐ捨てる日本への提言 マシンガンズ滝沢さん語る(下)

…「複線型のすすめ」 といって、複数の複という字に、線。単線(キャリア)だと、昔の終身雇用みたいな、入ったらもうがーっと(一つの組織だけで働く)。 滝沢:そのままという。

2019年1月8日(火) 9時43分-ライフ総合(井出留美)

【荻野勝彦×倉重公太朗】「日本型雇用はどこへ行く」第2回(「転勤」とキャリアの現代的再考)

【荻野勝彦×倉重公太朗】「日本型雇用はどこへ行く」第2回(「転勤」とキャリアの現代的再考)

…も、キャリア自立ということが最近、すごく言われるじゃないですか。やはり終身雇用の中で企業に自分の人生の全てを委ねるのではなくて、自分自身、一人一人のキ…

2018年12月27日(木) 6時0分-社会(倉重公太朗)

日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか?

日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか?

…う」と、その人は言った。 「長いこと、東芝には滅私奉公をしてきました。終身雇用制が崩れるなどということは想像もしていなかった。だというのに、この私を解…

2018年12月24日(月) 7時59分-国際総合(遠藤誉)

70歳継続雇用は日本企業のダメな部分をより一層パワーアップする

…労使に3%の賃上げを要請する異常事態が続いています。 その背景には 「終身雇用ベースの日本企業の場合、後で解雇も賃下げも行いづらいためにあえて労使が昇給を見合わせる」…

2018年11月29日(木) 15時4分-経済総合(城繁幸)

非正規雇用は「ホームレス」? 世界基準からみる日本の住居事情

…成長のために「企業戦士」「モーレツ社員」として協力するのと引き換えに、終身雇用と連行賃金による生活保障を企業に求めた。  住宅に関しても、企業から持ち…

2018年11月26日(月) 11時53分-社会(今野晴貴)