就活ルール変更と「終身雇用は守れない」発言の関係、大企業サラリーマンこそ読むべき経団連の中間報告

就活ルール変更と「終身雇用は守れない」発言の関係、大企業サラリーマンこそ読むべき経団連の中間報告

…す。経営側の問題意識が透けて見え、中西宏明会長が「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」と協議に関連して述べたことも理解できるはずです。

2019年4月24日(水) 9時20分-社会(藤代裕之)

終身雇用を経済界はもう守れない」というより若者が企業を選ぶ「転職の時代」がやって来た

「終身雇用を経済界はもう守れない」というより若者が企業を選ぶ「転職の時代」がやって来た

…[ロンドン発]日本経済団体連合会(経団連)の中西宏明会長が19日、「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。どうやって、そういう社会のシステム…

2019年4月20日(土) 20時3分-社会(木村正人)

会社を幸せな場所にするために大事なこと~幸福学研究者・前野隆司教授に聞く~

会社を幸せな場所にするために大事なこと~幸福学研究者・前野隆司教授に聞く~

…ック度の高さ」なんですね。洗脳のような状態だった可能性もあります。でも終身雇用が崩れて、忠誠心が薄れてくると、ブラックな幸福度も薄れるので、その結果、…

2019年4月20日(土) 10時1分-社会(やつづかえり)

就職氷河期世代とはなんだったのか

…い機会なので総括しておきましょう。 就職氷河期世代はなぜ生まれたのか 終身雇用を柱とする日本では、一度正規雇用してしまうと解雇には厳しい制限が付きます…

2019年4月15日(月) 7時24分-経済総合(城繁幸)

「日本的雇用が日本人を不幸にしてきた」という不都合な真実

「日本的雇用が日本人を不幸にしてきた」という不都合な真実

…本にも導入しよう」という話になったとき、右も左もほとんどの知識人は、「終身雇用・年功序列の日本的雇用が日本人を幸福にしてきた」として「雇用破壊の陰謀」…

2019年4月8日(月) 17時0分-社会(橘玲)

大学生の創造性を奪う「自分らしさ地獄」と大人への忖度

大学生の創造性を奪う「自分らしさ地獄」と大人への忖度

…の選考基準に、受験社会が“製造”したマックジョブ型人材を好んで採用し、終身雇用制度とプロパー重視のキャリアビジョンによって大事に抱えてきた。大企業に籍…

2019年3月29日(金) 13時9分-社会(藤代裕之)

「エイジレス社会」の実現~「定年」の廃止と「雇われない働き方」の促進を!

「エイジレス社会」の実現~「定年」の廃止と「雇われない働き方」の促進を!

…。これまでは「定年退職」という言葉が広く使われてきた。それは多くの人が終身雇用制のもと、長く同一企業で働き、「定年」はすなわち「退職」を意味したからだろう。

2019年3月14日(木) 7時0分-社会(土堤内昭雄)

【豊田圭一×倉重公太朗】「日本人はラテンマインドを持つべきだ!」第2回~新時代を生き抜くマインド~

【豊田圭一×倉重公太朗】「日本人はラテンマインドを持つべきだ!」第2回~新時代を生き抜くマインド~

…じですね。 豊田:だと思います。 倉重:日本においてもどんどんこれから終身雇用が崩壊して、雇用が流動化していっている最中ですし、その中でやはり同じ会社…

2019年3月13日(水) 6時0分-社会(倉重公太朗)

日本人の「仕事に対する熱意」 本当に国際比較で最低水準なのか?

日本人の「仕事に対する熱意」 本当に国際比較で最低水準なのか?

…人生100年時代と言われるようになりました。終身雇用は、もはや終身ではありません。定年してホッと一息つけたのは今や昔の話。フリーランス協会のイベントに…

2019年3月7日(木) 6時0分-社会(平田麻莉)

日本は再び「負け戦」をやめることが出来なくなる有料

…「統計不正」を巡る集中審議を見て2年前の森友問題を巡る国会審議を思い出した。安倍総理は疑惑を全否定しながら資料がないと言う官僚を怒らなかった。今度も国家の恥をさらしながら先頭に立って解明する気がない。

2019年2月19日(火) 21時2分-政治(田中良紹)