【産業医×弁護士】「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」をどうする?【上村紀夫×倉重公太朗】最終回

【産業医×弁護士】「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」をどうする?【上村紀夫×倉重公太朗】最終回

…と」がいいことだとされています。 それを信じて社会の一員になったら、「終身雇用なんてありません」と経団連の人が言っているのを聞いて、「これからどうすれ…

5月25日(月) 6時0分-社会(倉重公太朗)

【産業医×弁護士】「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」をどうする?【上村紀夫×倉重公太朗】第2回

【産業医×弁護士】「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」をどうする?【上村紀夫×倉重公太朗】第2回

…ーできないのであれば、それはまた別で考えればいい話です。 倉重:1社で終身雇用ではなく、社会全体で終身働ければいいんですよね。あと、会社は辞めていく人…

5月25日(月) 5時0分-社会(倉重公太朗)

「仕事ごっこ」を撲滅せよ!【沢渡あまね×倉重公太朗】第1回

「仕事ごっこ」を撲滅せよ!【沢渡あまね×倉重公太朗】第1回

…――― グローバル化、少子高齢化、男女共同参画、M&Aの加速、終身雇用の崩壊により、企業およびそこで働く方々を取り巻く環境は、日々厳しさを増し…

5月21日(木) 4時0分-社会(倉重公太朗)

社員をフリーランス化!?タニタ流働き方革命【谷田千里×倉重公太朗】その3(全3回)

社員をフリーランス化!?タニタ流働き方革命【谷田千里×倉重公太朗】その3(全3回)

…――――――――――――――――――――― 人生100年時代に突入し、終身雇用は幻想となりかけています。また、近年は一生懸命働くよりも、決められた時間…

5月6日(水) 6時1分-社会(倉重公太朗)

社員をフリーランス化!?タニタ流働き方革命【谷田千里×倉重公太朗】その2(全3回)

社員をフリーランス化!?タニタ流働き方革命【谷田千里×倉重公太朗】その2(全3回)

…倉重:終身雇用が約束され、会社から与えられた業務をずっとこなしていれば幸せな時代があったわけです。 今はトヨタの社長も経団連の会長も「終身雇用は難しい」と言っています。

5月6日(水) 6時0分-社会(倉重公太朗)

休業補償の「次の一手」が見えてきた! 震災時に発動した「みなし失業」制度とは

休業補償の「次の一手」が見えてきた! 震災時に発動した「みなし失業」制度とは

確かに、かつては、企業を支えることが間接的に労働者の生活安定につながった側面はある。「終身雇用」が前提であり、不況期においても、企業は雇用を維持することを志向したからだ。

5月4日(月) 9時2分-社会(今野晴貴)

情報氾濫時代の就活をどう乗り切るか、就活の真実に迫る。

情報氾濫時代の就活をどう乗り切るか、就活の真実に迫る。

…就く「就社」が違うことを伝えたいです。 寺口:よく言われることですが、終身雇用が破綻し始めた現代においては、入社することがゴールではありませんからね。

4月25日(土) 18時0分-経済総合(佐藤裕)

「定年まで・定年後もこの会社に勤めたい」新社会人でも3割台(2020年公開版)

「定年まで・定年後もこの会社に勤めたい」新社会人でも3割台(2020年公開版)

…日本の終身雇用制度的慣習も薄れつつあるとはいえ、正規・非正規雇用問題や社会保障の観点も併せると、多くの就業者は自ら門戸を叩いた会社に長年勤めたいと考え…

4月25日(土) 11時32分-社会(不破雷蔵)

竹中平蔵パソナ会長「世界は数年痛い目を見る」 いやあなたのせいですでに散々痛い目を見ています

竹中平蔵パソナ会長「世界は数年痛い目を見る」 いやあなたのせいですでに散々痛い目を見ています

…のか、と思うが「人への投資」を平然と推奨する。 その一方で安定していた終身雇用や年功序列制度が悪いことだといういつも通りの主張を展開してインタビューは終わる。

4月20日(月) 7時1分-社会(藤田孝典)

若手に「使えない!」と一度でも口にしたことがあるミドルシニアの方へ。あなたこそ、活躍していますか?

若手に「使えない!」と一度でも口にしたことがあるミドルシニアの方へ。あなたこそ、活躍していますか?

…人生100年時代と言われバブル崩壊から約30年が経過した今、年功序列の給与形態、終身雇用制度など、日本型雇用システムが崩壊し始めている。これから社会に出る新卒者…

4月19日(日) 10時0分-経済総合(佐藤裕)