「畠山みどり」語る大借金を乗り越えた演歌道 現在は息子夫婦と田舎暮らし

「畠山みどり」語る大借金を乗り越えた演歌道 現在は息子夫婦と田舎暮らし

…ーダムにのし上がり、63、64、66年に紅白歌合戦出場。“対決相手”は村田英雄に春日八郎、北島三郎だった。 彼女がミリオンヒットで手に入れたのが「高輪…

7月21日(火) 11時1分-エンタメ総合(デイリー新潮)

ギター漫談・堺すすむさん「な~んでか」が誕生するまで20年かかった【役者・芸人「貧乏物語」】

ギター漫談・堺すすむさん「な~んでか」が誕生するまで20年かかった【役者・芸人「貧乏物語」】

…フレーズは僕が最初 持ちネタはフランク永井さん、それから演歌も好きで、村田英雄さんの「無法松の一生」や「王将」とか。新世界では村田さんの歌を喜ぶお客さ…

7月20日(月) 9時26分-エンタメ総合(日刊ゲンダイDIGITAL)

「死を受け入れること」とは。解剖学者と訪問診療医が、いま残したい「死」の講義―養老 孟司,小堀 鷗一郎『死を受け入れること ー生と死をめぐる対話ー』本文抜粋

「死を受け入れること」とは。解剖学者と訪問診療医が、いま残したい「死」の講義―養老 孟司,小堀 鷗一郎『死を受け入れること ー生と死をめぐる対話ー』本文抜粋

…して、薬を変えたりしています。そこでは、さらにやることがあって、一緒に村田英雄の『夫婦春秋』を聴くんです。八十九歳のおじいさんは、それを聴くといつも泣…

7月7日(火) 6時0分-ライフ総合(ALL REVIEWS)

時代を"唸る"浪曲の至宝・玉川太福インタビュー

時代を

…ことをやっていたそうです。もっと国民的な存在でいえば、歌手に転向した、村田英雄、二葉百合子、そして三波春夫。浪曲の節を譜面化した『俵星玄蕃(たわらぼし…

6月20日(土) 6時10分-エンタメ総合(週プレNEWS)

《ブラジル・コラム》特別寄稿=「歌は世につれ 世は歌につれ」=コロナ禍に昭和歌謡を懐かしむ=サンパウロ市ビラ・カロン在住 毛利律子

《ブラジル・コラム》特別寄稿=「歌は世につれ 世は歌につれ」=コロナ禍に昭和歌謡を懐かしむ=サンパウロ市ビラ・カロン在住 毛利律子

…万城目正、歌唱:島倉千代子、1955年)「王将」(作曲:船村徹、歌唱:村田英雄、1961年) こうしてみると、馴染みの深い歌ばかりである。しかも、詩人…

5月28日(木) 7時26分-中南米(ニッケイ新聞)

洋画では描けない世界がある(下) 家にいるなら邦画を見よう 6

洋画では描けない世界がある(下) 家にいるなら邦画を見よう 6

……寡聞にして今ちょっと思い出すことができない。わが国では、昭和の時代に村田英雄が『王将』というヒット曲を出し、同じタイトルの映画も作られている。勘違い…

5月27日(水) 11時4分-社会(Japan In-depth)

八神純子の『素顔の私』は時代の節目に生まれた日本ポップスの傑作

八神純子の『素顔の私』は時代の節目に生まれた日本ポップスの傑作

…印象が残っている。それというのも、その同じ年に、藤山一郎や美空ひばり、村田英雄の流行歌を手掛けた昭和を代表する作曲家、古賀政男が亡くなっている。氏の逝…

3月25日(水) 18時2分-音楽(OKMusic)

【私の“奇跡の一枚” 連載60】 天国の「友」を仰ぎ見る ……取材日誌の余白から

【私の“奇跡の一枚” 連載60】 天国の「友」を仰ぎ見る ……取材日誌の余白から

…り上げている。 一方、土俵を離れれば斗酒辞せぬ豪快な飲み方、ノド自慢で村田英雄の『王将』を披露していた。 そんな若浪も8貫(29キロ)の天皇賜盃を手に…

3月17日(火) 12時27分-格闘技(ベースボール・マガジン社WEB)

真田ナオキ「みんなやってると勘違いしていた」荒行で手に入れたハスキーボイス:インタビュー

真田ナオキ「みんなやってると勘違いしていた」荒行で手に入れたハスキーボイス:インタビュー

…嬉しくて。――真田さんのその声は独自のトレーニングを? そうなんです。村田英雄さんが浪曲を歌う際に、海辺で叫んで声を潰したという話を聞いて僕もそうして…

2月21日(金) 10時11分-音楽(MusicVoice)

ビートたけしが今一番夢中になっていることとは?――側近の一人、アル北郷が語るネットマガジン創刊の裏側

ビートたけしが今一番夢中になっていることとは?――側近の一人、アル北郷が語るネットマガジン創刊の裏側

…いこうと思っています(笑)。それと殿の昔のネタ、例えばポール牧師匠とか村田英雄先生ネタって、今まで意外とちゃんと活字になってないんですね。「オールナイ…

2016年2月23日(火) 15時10分-音楽(田中久勝)