五関晃一主演、手塚治虫原作の過激舞台「奇子」のメインビジュアルが解禁

五関晃一主演、手塚治虫原作の過激舞台「奇子」のメインビジュアルが解禁

…蔽した罪や過去が、次々に暴かれ、やがて一族を滅ぼすことになる。地方旧家の愛欲、戦後歴史の闇を描く因果の物語。(ザテレビジョン)…

5月16日(木) 18時6分-エンタメ総合(ザテレビジョン)

早すぎた和製シーランはゴミ屋敷の住人になっていた? 豊田道倫『夜路死苦ファンタジア』によせて

早すぎた和製シーランはゴミ屋敷の住人になっていた? 豊田道倫『夜路死苦ファンタジア』によせて

…夜遊び』になると、今度は全編アコーティック弾き語り。青年期の孤独と鬱屈と愛欲をひたすら掘り下げていくその音楽は、深度においてはニール・ヤングの『Har…

5月12日(日) 17時0分-エンタメ総合(リアルサウンド)

岩井志麻子レビュー ボダ親とボダ男とボダ女とボダ子――赤松利市『ボダ子』刊行記念特集

岩井志麻子レビュー ボダ親とボダ男とボダ女とボダ子――赤松利市『ボダ子』刊行記念特集

…に、エロな行為にも使われるし、人前で出してはいけない部位。 浩平も情欲、愛欲は当然のことながら、何やら生存への渇望や成功への熱意、娘を守ろうとすること…

5月10日(金) 7時0分-社会(Book Bang)

不倫、浮気…「危険な恋」ほど燃えるワケ

不倫、浮気…「危険な恋」ほど燃えるワケ

…いんだと感じた。だから、今ココにはない刺激を欲しがってやまない。◆2:恋愛欲(性欲)が強い25歳で「もう1人の男性のもとに落ちつこう」と思える女性もい…

4月30日(火) 20時45分-ライフ総合(All About)

藤竜也、事務所を辞めて出演。裁判にまで発展した『愛のコリーダ』は「逃げちゃいけない出会い」

藤竜也、事務所を辞めて出演。裁判にまで発展した『愛のコリーダ』は「逃げちゃいけない出会い」

…みで働いていた阿部定(松田英子)は激しく愛し合い、駆け落ちをする。2人は愛欲に溺れ、定は吉蔵を自分だけのものにするために殺害し、陰部を出刃包丁で切り取…

4月12日(金) 19時20分-エンタメ総合(テレ朝POST)

「狂気」、そして「創造」について。読み応えのある精神病理学の歴史書―松本 卓也『創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで』本村 凌二による書評

「狂気」、そして「創造」について。読み応えのある精神病理学の歴史書―松本 卓也『創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで』本村 凌二による書評

…馬事文化賞、一連の業績にて地中海学会賞を受賞。著作に『多神教と一神教』『愛欲のローマ史』『はじめて読む人のローマ史1200年』『ローマ帝国 人物列伝』…

4月11日(木) 7時0分-ライフ総合(ALL REVIEWS)

A.B.C-Z・五関、“黒い”手塚治虫作品で舞台単独初主演「今から楽しみ」

A.B.C-Z・五関、“黒い”手塚治虫作品で舞台単独初主演「今から楽しみ」

…蔽した罪や過去が、次々に暴かれ、やがて一族を滅ぼすことになる。地方旧家の愛欲、戦後歴史の闇を描く因果の物語。

3月25日(月) 11時0分-エンタメ総合(オリコン)

一見すれば何の痕跡もない「静寂」と「沈黙」の歴史について探究―アラン・コルバン『静寂と沈黙の歴史』本村 凌二による書評

一見すれば何の痕跡もない「静寂」と「沈黙」の歴史について探究―アラン・コルバン『静寂と沈黙の歴史』本村 凌二による書評

…馬事文化賞、一連の業績にて地中海学会賞を受賞。著作に『多神教と一神教』『愛欲のローマ史』『はじめて読む人のローマ史1200年』『ローマ帝国 人物列伝』…

3月3日(日) 9時0分-ライフ総合(ALL REVIEWS)

【著者に訊け】林真理子氏 官能美を描く『愉楽にて』

【著者に訊け】林真理子氏 官能美を描く『愉楽にて』

…てまだ終わりも見えない性を、彼らはなおも生きていた。その事件も起伏もない愛欲の世界は古の王朝絵巻すら思わせ、溜め息が出るほど甘美で、取りとめがない。【…

1月25日(金) 7時0分-ライフ総合(NEWS ポストセブン)

語り手としての思想家エーコの重層する文明への史眼―ウンベルト・エーコ『ウンベルト・エーコの世界文明講義』本村 凌二による書評

語り手としての思想家エーコの重層する文明への史眼―ウンベルト・エーコ『ウンベルト・エーコの世界文明講義』本村 凌二による書評

…馬事文化賞、一連の業績にて地中海学会賞を受賞。著作に『多神教と一神教』『愛欲のローマ史』『はじめて読む人のローマ史1200年』『ローマ帝国 人物列伝』…

1月24日(木) 7時0分-ライフ総合(ALL REVIEWS)