福島第1原発事故>新駅舎で帰還待つ 「夜ノ森駅」解体始まる

<福島第1原発事故>新駅舎で帰還待つ 「夜ノ森駅」解体始まる

福島県富岡町は21日、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域にあるJR常磐線夜ノ森駅の解体を始めた。1921年の開業時から使われてきた木造平屋の…

1月22日(火) 10時59分-社会(河北新報)

JR常磐線「夜ノ森駅舎」解体に着手 自由通路、待合室整備へ

JR常磐線「夜ノ森駅舎」解体に着手 自由通路、待合室整備へ

富岡町とJR東日本は21日、東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域となっている同町夜の森地区のJR常磐線夜ノ森駅舎の解体に着手した。100年近くにわ…

1月22日(火) 10時50分-福島(福島民友新聞)

女児の甲状腺に「最大100ミリ・シーベルト被曝」…原発事故時に情報

2011年の東京電力福島第一原子力発電所の事故直後、福島県双葉町にいた小学校高学年の女児が、甲状腺に最大で100ミリ・シーベルトの被曝(ひばく)をし…

1月22日(火) 10時1分-科学(読売新聞(ヨミドクター))

元会長ら3被告に禁錮5年を求刑 東電刑事裁判、3月に結審

元会長ら3被告に禁錮5年を求刑 東電刑事裁判、3月に結審

東京電力福島第一原発の事故を引き起こしたとして、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電元会長・勝俣恒久氏、元副社長の武黒一郎、武藤栄両氏ら旧経営陣3…

1月22日(火) 9時59分-社会(週刊金曜日)

福島第2原発での事故想定 防災訓練に県や東電など420人

県は21日、三陸沖を震源とする震度6強の地震により、東京電力福島第2原発(楢葉町、富岡町)で事故が発生したとの想定で原子力防災訓練を実施した。訓練は…

1月22日(火) 7時55分-福島(産経新聞)

東京は「暮らす場所」「安心できる場所」じゃない

東京は「暮らす場所」「安心できる場所」じゃない

…った。その頃には、僕は都内で数人の仲間と物資や活動資金を集めていた。福島第一原発の問題もあり、都内では疑心暗鬼な状態が続いていた。何が本当で何が嘘なの…

1月22日(火) 6時5分-ライフ総合(幻冬舎plus)

JR夜ノ森駅の解体始まる…福島・富岡町

JR夜ノ森駅の解体始まる…福島・富岡町

東京電力福島第一原発事故で一部が帰還困難区域となった福島県富岡町で21日、JR常磐線夜ノ森駅の解体工事が始まった。木造駅舎は原発事故で休止したまま、…

1月21日(月) 23時15分-社会(読売新聞)

11歳100ミリシーベルト被曝の疑い 福島第一事故で

東京電力福島第一原発事故直後に、11歳だった女児がのどにある甲状腺に100ミリシーベルト程度の内部被曝(ひばく)が推計されると報告されていたことが、…

1月21日(月) 22時2分-社会(朝日新聞デジタル)

西洋哲学の根幹をなす「向こう側」という考え方

西洋哲学の根幹をなす「向こう側」という考え方

…界のことだという考え方です。ちなみに、ここで例として挙げられているのが福島原発事故。放射能ヨウ素という「こちら側」からは見えない物質が、「向こう側」…

1月21日(月) 21時12分-IT総合(ライフハッカー[日本版])

JR常磐線の夜ノ森駅駅舎の解体工事開始 福島第1原発事故後の不通区間

JR常磐線の夜ノ森駅駅舎の解体工事開始 福島第1原発事故後の不通区間

東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県富岡町で21日、1921年の開業から100年近く使われたJR常磐線夜ノ森駅の駅舎解体が始まった。事故後の不…

1月21日(月) 20時34分-社会(毎日新聞)