石川と合同で原子力防災訓練

石川と合同で原子力防災訓練

県と氷見、射水両市や石川県などは11日、合同の原子力防災訓練を行った。東京電力福島第1原発事故を受け、2012年から毎年実施し、今年は地域住民や自治…

11月11日(日) 13時17分-富山(北日本新聞)

<茨城県>原発事故時 要配慮者の避難手段乏しく

…状は「絵に描いた餅」にすらなっていない。 県原子力安全対策課によると、原子力防災が必要となる東海第2原発30キロ圏内(UPZ)の住民は約96万人。うち…

11月8日(木) 12時21分-社会(毎日新聞)

東海第2延長認可、再稼働へ思惑交錯 首長ら慎重見極め 知事、国の評価示された

東海第2延長認可、再稼働へ思惑交錯 首長ら慎重見極め 知事、国の評価示された

…再稼働の意思について一度も説明を受けたことはない。あらゆる状況に備えた原子力防災に向き合っていく」とし、原子力所在地域首長懇談会を構成する6市村の首長…

11月8日(木) 4時0分-茨城(茨城新聞クロスアイ)

東海第2運転延長認可 茨城県の首長コメント「安全性評価」「慎重に」

…権限に責任を持ち、東海第2原発の安全性を見極められる環境を整えるなど、原子力防災に向き合っていく」 海野徹・那珂市長「極めて大きな危機感を抱いている。

11月7日(水) 22時59分-社会(産経新聞)

東海第2再稼働 周辺6市村の足並みそろわず 4市長選も行方左右

…口を抱える水戸市の高橋靖市長は7日、「(地元同意の)権限に責任を持ち、原子力防災に向き合っていく」、東海村の山田修村長は「国や関係自治体と協調しながら…

11月7日(水) 20時28分-社会(産経新聞)

原子力防災 学校手引書、初改定へ 東海第2事故想定

…茨城県教委は本年度、原子力施設の過酷事故を想定した「学校における原子力防災マニュアル」を改定することを決めた。2001年の作成以来初めての改定で、具体…

11月5日(月) 4時0分-茨城(茨城新聞クロスアイ)

三反園知事、九電社長と初面会 就任4カ月「異例の状態」からようやく

三反園知事、九電社長と初面会 就任4カ月「異例の状態」からようやく

…知事は26日、6月末に就任した九州電力の池辺和弘社長と、薩摩川内市の県原子力防災センターで初めて面会した。2年前の就任時に「脱原発」を掲げた三反園知事…

10月31日(水) 11時40分-社会(西日本新聞)

原発所在自治体協 東京で50周年大会 「原子力の在り方不明瞭」

原発所在自治体協 東京で50周年大会 「原子力の在り方不明瞭」

…都千代田区のホテルであった。国に立地地域の現状を直視し、原発の安全性や原子力防災対策の実効性の向上などを要望する決議をした。

10月24日(水) 23時1分-愛媛(愛媛新聞ONLINE)

「エネルギー安定供給は政治の責任」井上信治衆議院議員

「エネルギー安定供給は政治の責任」井上信治衆議院議員

…い。】今回のゲストは、衆議院議員井上信治氏。環境副大臣兼内閣府副大臣(原子力防災担当)を3期にわたって務めたほか、自民党「原子力規制に関する特別委員会…

10月23日(火) 9時20分-政治(Japan In-depth)

ひたちなか・本間市長が引退表明

ひたちなか・本間市長が引退表明

…事故に備え、市独自に全市民を対象に被ばく防止用の安定ヨウ素剤を配布し、原子力防災に力を入れた。市長選を巡っては、ともに新人で無所属の久須美忍氏(54)…

10月17日(水) 8時0分-茨城(茨城新聞クロスアイ)