お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索
カテゴリを絞り込んで検索しています。すべてのカテゴリを対象にして再検索

輸血用血液製剤で死亡、異常あれば使用中止を - 厚労省、細菌混入事例受け注意喚起

細菌が混入した輸血用血液製剤(人血小板濃厚液)で死亡事例が報告された―。厚生労働省は、都道府県などに対し、人血小板濃厚液を使用する際の安全確保に関する通知を出した。敗血症などの症状が現れた場合、使用…

12月7日(木) 15時40分-社会(医療介護CBニュース

看護職員の定着、診療所6割超が「プラス改定必要」 - 保団連の調査

看護職員の定着、診療所6割超が「プラス改定必要」 - 保団連の調査

看護職員を定着させるには診療報酬の引き上げが必要だとする見解を診療所の6割超が示していることが、全国保険医団体連合会(保団連)の調査結果で明らかになった。また、実際に行われた定着対策のうち、効果があ…

12月6日(水) 22時20分-社会(医療介護CBニュース

【中医協】未コード化傷病名の割合「10%以上」を問題視

中央社会保険医療協議会が6日に開いた総会では、未コード化傷病名の割合が特に高い医療機関については、データ提出加算の評価を見直すことも提案された。この中で、未コード化傷病名の割合が10%以上の医療機関…

12月6日(水) 20時20分-社会(医療介護CBニュース

【中医協】薬価の乖離率は9.1%、厚労省が速報値

厚生労働省は6日、薬価調査の結果(速報値)を発表した。現在の公定薬価と実際に市場で取引されている「市場実勢価格」の平均乖離率は今年9月現在、9.1%だった。また、材料価格の平均乖離率(原則5-9月取…

12月6日(水) 12時25分-社会(医療介護CBニュース

15件のロボット内視鏡手術の保険適用を提案 - 外保連

「外科系学会社会保険委員会連合」(外保連)は5日、東京都内で記者懇談会を開き、「外保連試案2018」のポイントを示しつつ、18年度診療報酬改定に向けた要望を紹介した。胃の悪性腫瘍手術など15件のロボ…

12月5日(火) 22時40分-社会(医療介護CBニュース

自殺の実態、二次医療圏単位で把握を - 厚労省が対策計画の手引き作成

厚生労働省は、都道府県と市町村が策定する自殺対策計画策定の手引きを作成した。2016年の自殺対策基本法の改正で、都道府県などに同計画の策定が求められたことを踏まえた措置。自殺の実態を二次医療圏単位で…

12月5日(火) 20時25分-社会(医療介護CBニュース

診療報酬本体のプラス改定など要望へ - 自民・国民医療を守る議員の会

診療報酬本体のプラス改定など要望へ - 自民・国民医療を守る議員の会

自民党の国会議員でつくる「国民医療を守る議員の会」(高村正彦会長)は5日に総会を開き、2018年度診療報酬改定での本体プラスや控除対象外消費税が医療機関の負担になっている問題の解決などを求める決議を…

12月5日(火) 12時2分-社会(医療介護CBニュース